今日から隠岐諸島4島をめぐるツアーの添乗

睡眠2時間と寝不足のまま新大阪へ

かかし

新大阪では“かかし”が熱心に新聞を広げていました

朝から勤勉だね〜と思ったら

巡礼ツアーに行く下ごしらえでした(笑)

 

 

 

 

最近、にわかに“隠岐ツアー”が人気で、このコースもまだ数本しか出てないんですよね

もちろんフナッシュも初体験

そもそも“隠岐”ってどこにあるかご存知ですか?

隠岐は島根県、松江半島沖に浮かぶ島々の総称で、大きく分けて“島前(どうぜん)”“島後(どうご)”に分かれ、さらに島前は“西ノ島”“中ノ島”“知夫里島(ちぶりじ)”の3島に分かれます

今回のツアーは“島後”→“中ノ島”→“西ノ島”→“知夫里島”と4島をめぐるツアー

隠岐

地図で見るとこんな感じ

正直、この仕事がくるまで隠岐ってひとつの島だと思ってました
( ̄◇ ̄)!!

 

 

今日は新大阪から新幹線に乗って【岡山】

そこからJR伯備線の“特急やくも”に乗って【米子】

そこからJR境線のローカル列車に乗って【境港】

そこからそこから隠岐汽船のフェリーに乗って【西郷港】

って長い長い道のりです・・・

1日目の昼食は岡山名物“祭り寿し”

車窓からは大山(だいせん)の見えますね〜

寿しJR

 

 

 

 

米子駅では1時間ほど乗り継ぎ時間があったので、一度改札を出て解散

ここで東北地方の大地震のニュースを知りました

お客様も添乗員もテレビに釘付け

米子TV

 

 

 

 

鬼太郎の作者、水木しげる氏が境港出身ということもあって、米子−境港を結ぶJR境線の沿線は水木しげるワールド一色

米子駅もいたるところに妖怪のイラストやオブジェが飾られています

米子米子

 


 

 

米子

境線の駅名には妖怪の名前が付いているし、車体のペイントまで妖怪が描かれています(今回は行きも帰りも“ねずみ男列車”でした)



 

境線車内

 

 

 

 

境港

JR境港駅と隠岐汽船のフェリーターミナルは直結
1階が乗船手続き&案内所
2階がフェリー乗り場

 

 

受付乗り場

 

 

 

 

隠岐汽船

フェリーまで鬼太郎が描かれているんですね

2等利用と言っても利尻礼文と違い、団体毎にスペースを確保しているので助かります




2等

売店

 

 

 

 

今朝、8時38分発の新幹線の乗ったんですけど、島後の西郷港に到着したのは18時30分でした・・・

長い1日だったな〜

夕日が綺麗に沈んでいきます

夕日夕日

 

 

 

 

夕食

今日の泊まりは“ホテルニューかじたに”さん

海の幸満載の夕食を食べて、バタンQなのでした・・・

 

 

ホテルニューかじたに(日観連ホームページより)

隠岐汽船(ホームページ)