今回のツアーの2泊目で利用した“シーサイドホテル鶴丸”さん

国賀めぐり遊覧などに便利な美田港に立地しているので観光にとっても便利

鶴丸

鶴丸

 

 

 

 

おフロは温泉じゃないけど湯船が舟形で面白い

おフロおフロ

 

 

 

 

売店も島にしては充実してるし、海に面したレストランもまさに“シーサイド”って感じ

売店鶴丸

 

 

 

 

コテージ

家族連れやカップルにはコテージがオススメ

目の前にはバーベキュー海上もあります

 

 

夕食の際に素敵だなと思ったのは割り箸の上に置かれた“折り鶴”

これはお客様に好評でした

あと、食事が進んだ頃を見計らって配られたおしぼり

カニがあるので最初に置かれた布のおしぼりは汚れていますからね

かにメインのツアー以外では、なかなかここまでしてくれませんから

ツルおしぼり

 

 

 

 

turumaru

夕食時も鶴丸の社長自ら料理の説明

(あ、この人、隠岐汽船のフリーマガジン“ふーね”に載ってた“かっちん”

 

 

さて、そんなサービス、料理ともに好評の鶴丸さん

添乗員はどんな部屋に泊まったかというと・・・

こんな感じ↓

鶴丸

与那国島の“ホワイトハウス”を思い出してしまった(笑)

あの〜洗面所が壁にむき出しなんですけど…

 

 

鶴丸

←蚊に注意しろって事ですかね?

 

 

 

ちなみに蚊は出ませんでしたけど、翌朝床に“ム〇デ”がおりました
( ̄◇ ̄)!!

洗面所

部屋はもちろんアウトバス&アウトトイレ

島に来たって感じするね(お客様の部屋にはトイレはあります)

 

 

鶴丸

共同洗面所にあったこのタバコの自販機

歴史を感じますよね〜

もちろんタスポなんて付いていません(笑)

てゆーか動いてないし

 

 

 

鶴丸

この“コスモス”ってタバコ何?

こんなタバコあったんや

 

 

その他にもレトロな家電製品が随所に登場する鶴丸さん

皆さんも、隠岐にお越しの際は是非、シーサイドホテル鶴丸さんでおいしい&レトロな体験してくださいね〜

 

シーサイドホテル鶴丸(ホームページ)