今回の奄美合宿2日目のシュノーケリングツアーでこんな水中の写真をご紹介したと思います

サンゴ奄美

 

 

 

 

これ、水中カメラで撮ったみたいに見えるでしょ

でも、この写真たちはいつも使っているデジカメを使ったんです

どうやって撮影したかと言うと・・・

カメラ

コレを使いました

“デイカパック アルファ”って商品

ヨドバシカメラで見つけました

 

 

これはコンパクトカメラであれば、ほぼ機種を問わずに水中でも使えるカメラに変身させてくれる便利なケース

まぁ、ただのジッパー付きのケースなんですけど・・・(笑)

カメラカメラ

 

 

 

 

使い方はカンタン

ケースの中にカメラを入れてガッチリとジッパーを密封します

あとはビニールのケースの上からボタンを操作

いたって大雑把な仕組みです(笑)

あんまり期待してなかったけど、予想以上に綺麗に撮れたので大満足

一緒にいたツアーガイドさんやYOC東京支部の隊員の皆さんも欲しがってた

 

使ってみての感想は、やっぱり操作がしにくいから勝負

シャッター押しまくり消去しまくりなので、容量の大きなメモリーとフル充電をおススメします

ストラップとかは外しておいたほうが操作しやすいです

 

あと、「フィッシュアイ観察室」でお馴染みのトイカメラ“フィッシュアイ2”

このフィッシュアイも水中に持っていきたい!

と言うことで、奄美に行く前に防水ケースを購入

こちらは“サブマリン”と呼ばれる“フィッシュアイ”&“フィッシュアイ2”専用の防水ケースです

カメラカメラ

 

 

 

 

ちょっとゴツいけど、専用なので安心して使えます

で、どんな写真が撮れるかというと

こんな感じ↓

フィッシュアイフィッシュアイ

 

 

 

 

水中の写真って癒されますよね〜

もう夏は終わっちゃったけど、スノボなんかのウインタースポーツにも使えるので便利なアイテムですよ