あれは8月1日のことでした

社長に呼ばれてこんな話を持ってこられた

今度、社内報を発行することになったから編集長よろしく

 

社内情報紙???
( ̄◇ ̄;)!!

 

“その社内情報紙を発行する、しないの話はないの?”シックリこないまま、とりあえず引き受けることに

さっそく社内情報紙をつくるためのソフト「パーソナル編集長」を購入

編集長

これ、ホームページビルダーみたいなソフトで、学級新聞や情報紙などの冊子をカンタンに作成できるソフトなんです

 

 

 

カンタンって言っても、思ってたより操作が複雑で悪戦苦闘

慣れるまでかなり時間がかかったけど、一通り操作方法を覚えて無事、先月の22日に第一号が創刊

内容は社内の業務連絡をメインに、業界トピックスやスタッフによる添乗レポートやお役立ち情報などなど

南は九州まで、西日本の全営業所と内勤・添乗の全スタッフに毎月発行

 

編集長とは名ばかりで・・・

結局はライターに編集に写真撮影に・・・って一人何役もしなきゃいけない

 

それ故、添乗に出る日が少なくなって

昼食代の出費が増える

 

でもまぁ、今までやったことがない業務をするのは新鮮

同じ文章を書くのでもブログと冊子じゃ、やっぱり全然違うし

いい勉強になります

このまま出版社にでも転職するか!(笑)

 

 

四苦八苦しながらも、なんとか第2号も編集は終わったので、数日以内に発行できそう

ちなみに、このブログを読んでいる同じ会社のスタッフに手元に今月号が届く前に、是非言っておきたいことが

「今月号の第1面、フナッシュは一切手を加えていません、全てある人から頂いた原稿の書きおろしですから!」

※この情報紙、編集後記もないくらい、編集長個人の所感は入れておりません

 

と言うことで、名ばかり編集長は編集業務に入るとブログの更新がストップしてしまいます

でも編集が終わり次第またいつものように添乗に出てブログを更新しますので、しばらくお待ちくださいね〜