いきなりなんやねん!ってタイトルですが

雑誌

実はコレ

今月の23日に発売された“週間・東洋経済”の特集です

 

 

別にいつもこんなカタイ雑誌を読んでるわけじゃないけど、さすがに旅行業に10年以上籍を置く身としては買わずにはいられないでしょ〜(笑)

 

旅行離れがさけばれる昨今、消費者は旅行に何を求めているのか?

3000人を対象にしたアンケートをもとに実態を探っていきます

雑誌雑誌

 

 

 

 

ま、3000人を対象にしたわりにアンケート自体は

「1年間に何回旅行に行きましたか?」「旅行の目的は何でしたか?」など、ちょっと面白みにかける内容

でも、「情報は何で収集しましたか?」の質問に対して、『旅行雑誌や本で』と回答している人が30%ちょっとに対して、『インターネットで』と答えた人が60%以上って数字には驚いたな

この【ブログな添乗員】も気合入れて情報を発信しないと

 

アンケート結果以外にも、いま観光業界で押さえておきたい話題が盛りだくさん

観光地誘致としてJRと自治体が共同で実施しているDC(ディスティネーションキャンペーン)の候補地“新潟県”や、横浜で開催される今年最大のイベント“開国博Y150”

JR五能線で人気に火がついた全国の「観光列車」

クチコミが盛んな旅行サイトやオールシーズン同料金の伊東園グループ・湯快リゾートなどなど

あ、観光業界で忘れちゃならない我らが“添乗員”

ちゃんと記事が載っていますよ〜

その名も

「見るとやるでは大違い

なかなかツライ裏事情」

ってコーナーで…

夜中2時に「布団替えて」 旅より人好きが添乗員向き

「ずっと雨」も添乗員のせい 辛辣な評価に人間不信も

って

コレ新入社員がみたらどうよ!

 

まぁおっしゃる通りですけど…

 

 

この先、旅行業は何処へ向かうのか?

次なる観光産業のキーワードは?

興味のある方は是非、お近くの書店で“立ち読み”

いや、“お買い求め”さ〜い
(週刊誌なのでお早めに)