2日目のホテル出発は6時!

せっかく綺麗なホテルに宿泊なのに、朝からゆっくり寛ぐ時間もなく稚内港へ向かいます

なんせ出航が6時30分ですから

以前は全日空ホテルの裏がフェリー乗り場でしたが、ターミナルがリニューアルした際に場所も少し変わったのでバスで3分ほど移動です

フェリー

稚内港から利尻島の鴛泊(おしどまり)港まで約100分の船旅

ツアー客は3団体だけだったのでゆったりできました


 

島

そろそろ利尻島が見えてきました

利尻富士も歓迎しているかのようにハッキリ見えています!


 

沼

利尻島最初の観光は“姫沼”

半袖でもいいくらいの陽気の中、沼の周囲をお散歩


 

空沼

 

 


 

風太

ん?

どこかで見覚えのある後ろ姿の添乗員が…


 

沼

2ヶ所目の“オタトマリ沼”に着くと一気に天候が変わり、利尻富士も隠れてしまったし、めっちゃ寒くなってきました

島は気温の差が激しいっ

 


ここでは休憩所にいくつかのお店が入っていて、ホタテバターやウニの軍艦巻きを食べるのがお楽しみのひとつ

昔からお世話になってる信ちゃんのお店も大繁盛していました!

お客様沼

 

 


 

風太

ウニの軍艦巻きを美味しそうに見つめるのは後輩の“風太”こと“コロ助”

稚内空港利用のツアーで昨日から利尻島に来ていたそうです

 


なんで後輩の方がラクなコースなんだよ…

 

お次は“仙法師御崎公園”

ゴマフアザラシの子供が2頭(2匹?)公園内のプールに居ついていて、めっちゃ可愛かった〜

100円で餌付けをすることもできます

公園アザラシ

 

 

 

 

沓形(くつがた)港の“かもめ食堂”でランチを食べたあと、12時35分発のフェリーで礼文島の香深(かふか)港まで本日2回目の船旅

8団体入っていましたが、乗船時間は40分と短めです(でも一番揺れる航路)

沓形

フェリー

 

 

 


コロ助も同じフェリーに乗船

下船口の前に新聞紙を敷いておやつタイム♪♪♪(笑)

フェリーお菓子

 

 

 

 

礼文島に着いてもどんよりした天気

元地(もとち)海岸(別名メノウ海岸)やスコトン岬を見学

風も強くて寒かった〜

元地

スコトン

 

 

 

 

花の浮島と呼ばれる礼文島では、ちょうど“レブンアツモリソウ”のシーズン

開花の時期限定ですが、コースにもレブンアツモリソウの群生地が入っています

開花している期間は1ヶ月もないので貴重な見学です

群生地群生地

 

 

 


今年は5月20日に開花宣言

ちょっと枯れかけている花もあったけど、まだまだ綺麗に咲いている花も見ることができました

現地の人の話では「15日までもつかな?」って感じだそうです

アツモリソウアツモリソウ

 

 

 

 

礼文島最後の観光は“澄海(すかい)岬”

いつもはそれこそ名前の通り澄み切った海の色が見れる場所ですが…

めっちゃ荒れててお客様は強風に飛ばされそうになっていました

すかいすかい

 

 

 

 

3日間のコースと言っても1日で利尻島と礼文島を観光するので、この2日目がかなり忙しいんですよね

でも利尻富士も見れたし、レブンアツモリソウも見れたし、風は強くても雨に遭わなかったのがなによりでした

 

そうそう、最近添乗先で色んな出会いがありますが

礼文島でもビックリする出会いがあったんです

お客様は近隣する3つのホテルに分かれて宿泊しているので、各ホテルに精算をしに歩いていたら…

なんと高校時代の同級生に道端でバッタリ会ったんですよ!!

家族と旅行に来たいたそうです

彼女とは同じ高校で、同じテニス部だったんですよね

10年以上振りの再会です

同級生

いや〜まさか、さいはての地で同級生に逢うとは

久々に青春時代の友人に会えて、ちょっと気持ちが若くなったな(笑)

 


さぁ、明日は今年最大の混雑と言われるフェリーに乗船

明日も気合入れて行こっと!!!