にゃんご!!!

ニャーニャーうるさい数字が並んだ平成22年2月22日がやってきました(笑)
(で、それが何やねんって感じですが

天気予報が嘘のように雲ひとつない青空のもと、2日目がスタートです!

220210 001220210 002

 

 

 

 

今日最初に向かったのは“ヤクスギランド”

屋久島の自然を手軽に体験できる屋久杉の原生林です

220210 004220210 003

 


 

 

220210 005220210 006

 

 


 

220210 007

一番短い30分コースでしたが、マイナスイオンと屋久島の自然をたっぷり感じることができました

 


 

220210 012

お次は“紀元杉”

“縄文杉”は往復8〜10時間のかけて登山しないと見れませんが、こちらはバスから降りてすぐ見ることができます

樹齢3000年の立派な巨木です

 

 

 

ヤクスギランドや紀元杉がある場所は標高が高いので、数日前は雪が降ったそうですよ

お昼は安房港(あんぼうこう)の近くにあるドライブン“杉匠”さんで飛び魚定食(←昨日も食べましたが)

団体が利用できる食事場所は限られているので、ほとんどのツアーはここでお昼を食べます

お客様はお金を使う場所がないので、ここぞとばかりにお買い物に必死

220210 014220210 017

 

 

 

 

220210 015

それにしても屋久杉製品って値段が桁違い

今日はが並んでいる日ですが、それ以上にが並んでいる値札を発見しました(笑)

 


昼食を食べている間に、天気がガラっと変わって外は大雨に!

午後最初の観光地、“千尋(せんぴろ)の滝”を見学しただけで、靴の中までグッチョグチョ…

220210 018220210 019

 

 

 

 

平内海中公園では、干潮時だけ現れる波打ち際の露天風呂を見学

ここは満潮だと見れないし、完全に干潮になると入浴者がいて近寄れない

なんともデリケートな場所なんです

220210 020220210 022

 

 

 

 

220210 021

でもこんな場所で温泉に入れたら気持ちいいだろ〜な〜

女性はかなり勇気がいると思いますけど…

 

 

“大川(おおこ)の滝”は千尋の滝と違って、滝のそばまで行けるので迫力満点でした

220210 027220210 028

 

 

 

 

ここから先は“西部林道”を走行

大型バスは通行できないので、観光バスとしては貸切状態

ヤクシカやサルが頻繁に出没する野性味溢れるルートです

220210 029220210 030

 

 

 

 

最後はウミガメの産卵地で有名な“いなか浜”

砂がザラメみたいに大きいんですね

220210 031

220210 033

 

 

 

 

220210 032

ウミガメの産卵地のわりに、ゴミが多いのがちょっと気になりました…

 

 

 

さてさて、今夜も引き続きシーサイドホテル屋久島さんに宿泊

料理はもちろん昨日と別メニューなんですが

アサヒガニエビ

飛び魚キビナゴに変わっていました

昨日も今日も料理はすごく美味しいんだけど、できれば逆で出して欲しかった…

220210 034220210 035

 

 

 

 

220210 036

そんな中、目の前で美味しそうにカニを食べる添乗員が!

前に北海道のホテルで一緒にごはんを食べた福岡の添乗員さんでした(笑)


 

博多からJR、鹿児島からトッピーに乗って今日種子島から来たそうです

 

最終日は1ヶ所だけ観光して大阪へ帰ります

明日こそ晴れかと思い込んでいましたが

いつの間にか降水確率が80%になっていました

靴、乾かしても意味ないかも…