インドで目覚めた最初の朝!

朝食はフロントの下の階だと言われ階段を降りてみると

001

こ、ここですか…

なんか食べ物を食べる場所って感じしないんですけど

 

 

002

部屋の端のほうには料理が並べてありました

いちおーバイキングだそうです
急いで用意をするスタッフ…)

 

 

コーヒー、インスタントなんや…

でも中国のホテルで飲むコーヒーより、全然美味しかった♪
(ミルクが美味しいのかな?)

003

004

 

 

 

 

006

ちょっとスタートからテンション下がる朝やな…

でも、これくらいカルチャーショックを受けないとインドに来た意味ないよね〜

 

 

さっさと朝食を済ませて、さぁ街へ繰り出そう!

012

ホテルを出てさっそく第1ワンコ発見!

嬉しがって写真を撮ったけど、このあと数え切れないほどのワンコ達との出会いが待っているのでした

 


とりあえず、目的はないけどニューデリー!

ということで中心街の“コンノートプレイス”を目指すことに

ホテルから徒歩5分ほどの場所にある【Patel Nagar】って駅から地下鉄(メトロ)に乗車

メトロの切符は“トークン”と呼ばれるコイン型

改札前にはセキュリティーチェックがあります

改札を通る際は磁気読み取り面にかざして、降りる時は投入口に入れて通過します

164014

 

 

 

 

で、ここで問題が

トークンを買ったはいいけど…

どっち側のホームなんや???

ホームに上がる階段の掃除していた男性に「コンノートプレイスに行くにはどっち?」って聞くと

面倒くさそうに「あっちだ!」って反対側のホームを指差して教えてくれた

「感じ悪っ」って思いながら言われた通りのホームに来たメトロに乗車

結果、このメトロはコンノートプレイスとは逆方向だということに2つ目の駅で気付くことに…

これがインド人のいい加減さの洗礼か…

015

でもそのおかげで車窓からインドのスラム街を見ることができました

ショックだけど、こんなリアルなインドの現状もしっかり見ておきたかったんですよね

 

 

【Patel Nagar】から5つ目の駅、【Rajiv Chowk】で下車

この駅の上がコンノートプレイス

イエローラインとブルーラインが交差している駅なので、めっちゃすごい人だった

018

019

 

 

 

 

コンノートプレイスはイギリス植民地時代に整備された場所

中央の公園をぐるっと囲むように白い列柱の建物が並んでいます

まだ時間が早かったようでお店は閉まっていて、ワンコがゴロゴロ寝ているだけでした

021020

 

 

 

 

「ここの店はみんなクローズだから、オレの知ってる店に行こう」とか

「その時計、オレにくれよ!」とか

色んな人に声を掛けられまくってうっとうしい…

余計なモノは、外から見えない場所に閉まっておいた方が良さそうです

今度はバザールがたくさんあるオールドデリーに行こうと【Chandni Chowk】駅まで再びメトロに乗車

032

でも、ここもまだシャッターが閉まっているお店ばっかり

気合入れすぎて早く来すぎたか?
(ほとんどのお店が10時OPEN)

 

 

駅からチャンドニーチョウクって商店街を進むと、オールドデリーのシンボル【ラールキラー(レッドフォート)】が見えてきました

034

037

 

 

 

 

【ラールキラー】(写真左下)はタージマハル建設で有名なシャージャハーンが建てた要塞

道路を挟んで向かい側にはジャイナ教の【ディガンバラ・ジャイン・ラール寺院】(写真右下)があります

040

041

 

 

 

 

そしてオールドデリーには【ジャマー・マスジッド】と呼ばれるインド最大のモスクがあります

モスクの参道には【ミーナバザール】と呼ばれる市場が

だんだんテンション上がってきた♪

051

049

 

 

 

 

屋台で買物をする人もいれば、そのすぐ裏手でゴミを拾う人も

どちらも同じインド人です

057047

 

 

 

 

060

さすがインド最大だけあって門もデカっ

今日は金曜日で入れないはずですが、なぜか中に入ることができました


 

064

065

 

 


 

金曜礼拝に来たイスラム教のおっちゃんたちに混じってボケ〜っとモスクを見上げていると

「クローズするから出て行け!」って追い出された

仕方ないので東門の階段に座って眼下に広がるミーナバザールを眺めていました

恐らくここがインドで一番落ち着けた場所かも

誰も声をかけてこないのでのんびりできました

070071

 

 

 

 

あ〜朝あんまり食べるものなかったからお腹すいたな〜

ガイドブックに目をやると、このすぐ近くに美味しいレストランがあると書いてある

よし、ランチを食べに行こう!