頼んでもいなにのについた3連休

もったいないのでひとり旅に出ることにしました

行き先は瀬戸内海に浮かぶアートな島たち

昨年の夏に“瀬戸内国際芸術祭”が開催された7島のうち、4島+1島をめぐる予定です

140511 006

←これ、添乗の合間に練りに練って作った行程表(笑)

色んなアプローチの仕方があるの中、高松から入って岡山に抜けるルートを選びました

 

 

久米島ツアーから帰った翌日、頑張って早起きして大阪駅へ向かいました

まずは6時50分発の高速バスに乗って高松へ

140511 009

大阪〜高松は約3時間40分

3900円です

 

 

久々に第二の故郷、高松に帰ってきました

懐かしいな〜

140511 041

140511 040

 

 


 

これからの旅の安全を祈願して、まずは四国支店の支店長にご挨拶(笑)

相変わらずニコやかな支店長に会えてパワーをもらいました!

140511 026

140511 018

 

 


 

140511 035

次はお腹にもパワーを入れないと!

商店街のうどん屋さんで腹ごしらえです

 

 

 

まず最初に訪れる島は【女木島(めぎじま)】

140511 049

高松港から“雌雄島(しゆうじま)海運”さんのフェリーで20分

チケット売り場は一番端っこの小さな窓口です

 

 

140511 044

こちらが“めおん2”

高松−女木島ー男木島をぐるぐる回っています

 

 

船内は250名乗りでこんな感じ

140511 052140511 053

 

 

 

 

140511 173

女木島の観光は桃太郎伝説の鬼が住んでいたと言われる“鬼が島大洞窟”がメイン


 

 

フェリー降りたら係りのおばちゃんが「洞窟行く人〜」って声を掛けてくれます

140511 062

140511 169

 

 

 

 

洞窟は山の中腹にあるので、そこまではフェリーの時間に合わせた送迎バス(300円)が出ているんですね

140511 064

でもフェリーには他に誰も観光客がいなかったんですよね(笑)

そーいう場合は手前のワゴン車を利用します

 

 

140511 065

わざわざ1人の観光客のために送迎してくれるなんて

ほんと申し訳ないm(__)m

 

 

80b0ade0

なんかこの状況

“あのとき”のパターンと同じでない

 

 

140511 067

狭い山道を登ると大洞窟の入口に到着

券売機でチケット(500円)を購入して中に入ります

 

 

140511 071140511 070

 

 

 

 

でも観光客はもちろん1人

赤いジャンパーのおじさんに

「あの〜実は添乗員やってまして…」

「下見を兼ねて来たんです…」って話をしたら

「じゃあ私がいつも団体さんを案内する要領で案内しますよ!」

って付きっ切りで案内をしてくれました

まぁ今の季節、フェリーは2時間に1本

なので「2時間後までお客は来ない」って感じなんでしょうね(笑)

140511 077140511 076

 

 

 

 

やたら天井が低い場所があると思ったら広々とした空間があったり、想像以上に規模の大きな洞窟です

140511 079

うわ、暗闇の中に人が横たわってる!

これってミイラ?

 

 

いえいえ、これも芸術祭の作品なんです

てゆーかアートとか言う前に怖すぎるんですけど!

ひとりだったら腰抜かしてたよ…(涙)

140511 089140511 097

 

 

 

 

ちゃんとこんな子供向けの鬼もいるんですけどね

140511 086140511 098

 

 

 

 

140511 133

無事に洞窟を脱出したあとは展望台へ

けっこう勾配があるので足の悪い方は大変だと思います

 

 

140511 109

140511 112

 

 

 

 

眼下に見える女木島の集落と高松市の街並み

オレンジ色の屋根は映画「釣りバカ日誌」でも使われた別荘だそうです

140511 114140511 113

 

 

 

 

140511 127

下りも急な階段です

足元には十分に注意しましょう!

 

 

140511 131

ぐるっと展望台をまわると最初に前を通った茶店に戻ってきます

おばあちゃんが「休んでいきなさい」ってお茶を煎れてくれました

 

 

タダで荷物も預かってもらってたので、きびだんごを注文

おばあちゃんと2人、しばしまったりタイム

140511 130140511 129

 

 

 

 

 

140511 135

帰りは歩いて下山することにしました

道はほとんど舗装されてるし、景色もいいので気持ちいい♪

 

 

140511 147140511 148

 

 

 

 

140511 153

港近くの集落は迷路のようです

実際ちょっと迷った(汗)

 

 

写真左下は“オーテ”と呼ばれる冬の潮風から家を守る石垣

港の横に立つモアイ像も女木島のシンボル的存在です

140511 156140511 160

 

 

 

 

140511 176

堤防にズラリと並ぶカモメのオブジェ

これも「カモメの駐車場」と名付けられた作品です

 

 

“おにの館(フェリーターミナル)”の横にある小屋で次に向かう【男木島(おぎじま)】行きのチケットを購入

さっきと同じフェリーに乗って男木島へ向かいます

140511 170140511 177

 

 

 

 

女木島〜男木島も所要時間は20分です