2日目はホテルの送迎バスで“帯広駅”へ

013

帯広駅ってめっちゃ立派な駅ですよね

そしてどこが入口だか分かりずらい…

 

 

ここから“SL冬の湿原号”に乗車

029

015

 

 

 

 

客車ではダルマストーブでするめなどを焼くことができます(なので臭い)

016

017

 

 

 

 

一番後ろの緩急車ではネイチャー講座も開催していてイベント盛りだくさんです

018

026

 

 

 

 

真っ白な釧路湿原と対象的に黒煙を上げて進むSLが綺麗ですね

020019

 

 

 

 

022

今日お昼は車窓から湿原や丹頂を眺めながら

お弁当を食べました

 

 

023024

 

 

 

 

約1時間15分で標茶駅に到着

028027

 

 

 

 

そこから“摩周湖”へ

半分湖面が結氷していてめっちゃ綺麗でした

031033

 

 

 

 

知床半島へ向かう際は車窓から流氷が飛び込んできました!

これにはお客様も大喜び♪

035036

 

 

 

 

オシンコシンの滝周辺には鹿がウジャウジャ出ていました

040041

 

 

 

 

いい感じに日が暮れてきた知床

流氷もブルーに輝いていました

044

042

 

 

 

 

今日のホテルは“知床プリンスホテル風なみ季”さん

045

夕食はバイキング

バイキングに勝手丼があるとめっちゃテンション上がる♪

 

 

先月の北海道は腸炎でまともに食事ができなかったからリベンジです(笑)

夕食後は“知床オーロラファンタジー”へ

今年から料金が300円から500円に値上がり

チケットをフロントで購入して会場へ向かいます

駐車場の場所も変わったし、会場には売店もなくなりました

写真が白っぽいのは会場内でわらを焼いているからです

046047

 

 

 

 

この煙をスクリーンにして、そこにレーザー光線をあててオーロラを表現します

049050

 

 

 

 

とにかく臭い

料金を500円にするのなら、そこにマスクをセットしてくれたら嬉しいのにな〜

みなさんもお越しの際はマスク持参の方がいいと思います

え、消臭剤もって?

ちなみに風なみ季さんには部屋にファブリーズが置いてあります(笑)