先日、宿泊先の小樽で晩御飯を食べる場所を探してさ迷っていると…

一軒の中華料理店が目に入ってきました

お店の名前は“中華食堂 桂苑”

さっそくネットで検索してみると、評判はまずまず

中でも“あんかけ焼きそば”が人気らしい

015

012

 

 

 

 

こちらが“あんかけ焼きそば(750円)”

013014

 

 

 

 

程よく焦げ目がついた麺に具だくさんの五目あんがどっさり

クセのない味でペロっと食べてしまいました

 

実はこの“あんかけ焼きそば”

いま、小樽の新しいご当地グルメとして売り出し中だそうです
(このお店ではそれほどアピールしてない様子だったけど…)

 

こんな地図付きPR用のチラシを発見

010011

 

 

 

 

もともとは昭和39年に小樽駅前静屋通りにあった

「中華料理 梅月」が小樽のあんかけ焼きそば発祥なんだとか

このチラシによると小樽あんかけ焼きそばの定義は

原則的に小樽市内、または近隣の飲食店にて提供されている海産物の多い「五目あんかけ焼きそば」を指して呼称化いたします

とある

あれ、今たべたあんかけ焼きそば

エビしか海産物入ってなかったんですけど・・・・・・・・・・・・・・

ま、それはさておき

小樽ではこの“あんかけ焼きそば”をB‐1グランプリに参戦させるべく頑張っているそうです

AKBならぬAKY48なんてプロジェクトもあるみたいですよ

あ、念のためA(あん)K(かけ)Y(やきそば)の略ね

 

小樽のグルメと言えばお寿司ばかりをイメージしていまいますが

これからは是非、AKYも小樽グルメの選択肢に入れてあげてくださいね!

小樽あんかけ焼きそばPR委員会(公式ホームページ)