2日目は鳥海山の山麓を2ヶ所に分けて散策します

まずは“元滝伏流水(もとだきふくりゅうすい)”

030

 

 

 

専門のネイチャーガイドさんと一緒に約1時間の散策です

アップダウンは少ないですが山の中なので足元に注意しながら歩きましょう

029032

 

 

 

 

034035

 

 

 

 

038039

 

 

 

 

044

なんか中国の九寨溝を思い出す

こんな場所が日本にあったんや〜

って感じの、まさに秘境スポットです

 

047

次のポイントまで20分ほどなんですけど、その間に急いでお弁当の昼食(笑)

 

 

 

お次は“獅子ヶ鼻湿原(ししがばなしつげん)”

049

 

 

 

 

059

ここは木道が2枚か3枚しか敷いていないので道が狭い

その割に観光客が多い

 

 

よくすれ違いざまに転倒したりしてトラブルになっているそうです

特にネイチャーガイドのつかない団体や一般客だと、まとめる人がいないので大変です

余計なトラブルのないようマナーを守って散策しましょう♪

 

ここではまず“あがりこ大王”と呼ばれる巨大なブナを見にいきましょう

最初の分岐点を左に進みます

052053

 

 

 

 

こちらが根本付近から変形して成長したブナの古木

この獅子ヶ鼻湿原にはこのような奇形のブナをたくさん見ることができます

057

058

 

 

 

 

分岐点まで同じ道を引き返してお次のスポットへ

064065

 

 

 

 

066

お次は“鳥海まりも”

え、どこにマリモがいるって?

 

 

これです、これ

この岩肌に生息しているコケ

このコケの群生を“鳥海マリモ”と呼んでいるんです

067069

 

 

 

 

055

この2ヶ所を見学したら駐車場に戻りましょう

あんまり遅くなるとクマが出ます!

(←熊の爪痕)

 

056

しかしガイドの横山さん

めちゃ穏やかで知的で紳士なガイドさんでした

是非次回もご一緒したいですね

 

ガイドのいないツアーもたくさん来ていましたが

やっぱりガイドさんがいるのといないのとではお客様の満足度も全然違いますね

安全面の上でも山の散策では絶対ガイドさんは付けたほうがいいと思います

 

ちょっと予定より時間が押しましたがお次は“象潟(きさかた)”へ

077

道の駅象潟でバスを降りてエレベーターで展望室へ上がります

 

 

 

この田園地帯が“陸の松島”と呼ばれる景勝地です

松島のような島が点在していますが、実はここ約200年前は湖だった場所

大地震によって土地が隆起して今のような景色になったそうです

080079

 

 

 

 

今夜は将棋のまちで有名な天童温泉の“ホテル王将”さんに宿泊しました

082083