ちょっと過去に遡りますが、今日は2012年最後の添乗に戻ってみましょう

和歌山県勝浦温泉にあるホテル浦島連泊のコースでした

ホテル浦島へはJR紀伊勝浦駅から徒歩で勝浦港にある観光桟橋へ

そこから送迎用の船に乗船します

080078







088076







081082







075船でアクセスするのがなんとも旅情があっていいですね

船のデザインが亀なら浦島太郎気分満点です♪





館内は本館・日昇館・日の出館・山上館とややこしい

でも廊下に目的地別に色分けした矢印が書かれているので意外とすんなり歩けるんですよね

これはナイスアイデアだと入社当時から感心しております

071070







今回添乗員用に用意されたお部屋は本館の6階の671号室

069なんか明らかに他の部屋より文字が小さいんですけど…

まぁ添乗員ならよくあることです(涙)






068途中、こんな部屋の前を通過

AB部屋、懐かしいね…






065で小さい部屋番号のエリアはこの突き当たりを曲がった先にあるみたいです







066うん予想通りの展開

人の気配なし






060さて、扉を開けてみると・・・






なんか変な場所に布団が乗ってるー

061この部屋は和室なのか?洋室なのか?

ちょっと戸惑ってしまう…






別に部屋が狭い訳でもないし

別に部屋が汚い訳でもないんだけど

なんか落ち着かない…

恐らく外国人向けに改造した部屋なんだろーな
(夜になると周囲の部屋から中国語が飛び交ってた)

062064







063これと言って不満はないのだけど

ここで年越しじゃなくて良かった…

と心の底から思う2012年最後の添乗員部屋なのでした




さぁ2013年はどんな摩訶不思議な添乗員部屋に泊まれるかな♪