さて、今夜は今回の島旅で食べた2軒の中華料理屋のちゃんぽんをご紹介

1日目に食べたのは長崎港フェリーターミナルの近くにある“桃華園(とうかえん)”さん

019道路沿いに“ちゃんぽん”ってのぼりがあったので気づきましたが、なかなか気づきにくい場所にあります







018見た目通りとにかく狭い店内

テレビで流れている時代劇といい、なんとも昭和なムードです






そして驚いたのが

「お待たせしました」ってお店の外からちゃんぽんが運ばれてきたこと(笑)

いったいどこで作ってんだ…

017こちらが玉子付きちゃんぽん680円
(ランチタイムは650円)

具がテンコ盛りです





この値段でこのボリュームはお得ですよね

スープはあっさり系ですが、コクがあって美味しかったです

あんまり期待していなかっただけに大ヒットでした




そして3日目に食べたちゃんぽんは

前日にフェリーで教習所ガールに教えてもらった“江山楼(こうざんろう)”

211長崎新地中華街にあるお店です

まったくネットで調べずに行ったんですが、あまりの立派な店構えに一瞬ひるんでしまった(笑)





長崎の女子大生はこんなお店でいつもちゃんぽんを食べているのか!


209こちらが特製ちゃんぽん(1575円)

普通のちゃんぽんは1050円ですが、教習所ガールがこっちを薦めていたもんで…





210さすが特製、20種類の具が入っているらしい

フカヒレやナマコまで入っていますからね

こちらはこってりしたとんこつスープ




こちらも旅の締めくくりにふさわしい絶品ちゃんぽんでした

お店の方の接客も上品で気持ちが良かったです
(小汚い格好で行って失礼しました)



今度は福山雅治が長崎に帰るといつも立ち寄るとガイドブックにも載っている

“思案橋ラーメン”のちゃんぽんを食べてみたいな

長崎出身の後輩が言うには

美味しくないってことでも有名だそうですが…