さて、今回の島旅レポートの最後は2泊目に長崎で宿泊したゲストハウス

“カサノダ”さんをご紹介します

検索サイトで「長崎 ゲストハウス」で最初に出てきました

143五島町(ごとうまち)にあるので長崎駅にも長崎港にも近い便利な立地です







144ビルの3階が受付

と、ちょっと今までのゲストハウスとは感じが違いますね






正直扉を開けにくかったんですが…

部屋の中には陽気なゲスト(Mrデンマークと山形くん)と歯磨き中のカナさんが優しく迎えてくれました(笑)

148145







146ラウンジで陽気に踊っていたのは東京から来たおばさま

軍艦島ツアーに行ってきたばかりとの事で、色々と教えてくれました




そしてほぼゲストハウスの住人と化しているミキさんとチアキさん

ジャカルタ出身で北海道大学の留学生マルコなど多彩な顔ぶれに圧巻

153154







162まぁ一番インパクトがあったのは夜中に帰ってきた青山さんですね

宝塚の方ですが、長崎・福岡で行われる舞台に出演するためにこちらに宿泊していた大道芸人の顔も持つ劇団員さんです





泊まっている人達も面白いけど、部屋の中も個性的

2種類あるハンモックはとっても快適でした

160147







あ、ウクレレは調弦がバラバラだったので合わしておきましたよー

155161







159156







157そしてゲストハウスのアイドル?

アヒルという名のウーパールーパーも癒されます(笑)






こんな好立地で、こんな面白い人達と触れ合えて1泊なんと


2300円


しかもパンとゆで卵の朝食付きです!

ゲストハウスは興味あるけど、相部屋はちょっと…

って方には、ちゃんと個室もご用意しております
(1部屋/5600円と6000円の2部屋)

ひとり当たり3000円で個室が使えるなんて、かなりオトクですよね

これは早い者勝ちです!



こちらのゲストハウスを運営されているのはノダさんという男性

ゆっくりお話しする時間がなかったんですが、とっても穏やかで気さくな方です

多くの人たちがこのノダさんの人柄を慕って集まっている雰囲気がすぐに伝わってきました

013014








なんだか関西に帰ってきたあとでも

“今夜はカサノダにどんなゲストが泊まっているのかな〜”

って気になってしまう

そんな不思議な魅力に包まれたゲストハウスなのでした

長崎のゲストハウスCasa Noda(カサノダ)