「脱衣所の法則」

いきなりなんやねん!

ってタイトルですが


何年も前からずっとずっとずーーーっと

心に秘めていたお話しです

ここでいう脱衣所というのは、温泉旅館なんかの脱衣所ではなく

主にスーパー銭湯やフィットネスクラブの脱衣所のこと

要するに脱衣カゴじゃなく、鍵付きのロッカーがある脱衣所です



ちょっと前置きが長くなりましたが

そんな脱衣所でね

フロントで鍵を受取り

ロッカーで服を脱ぎ始めると…
必ずと言っていいほど自分の隣あたりに人が来ません?


他にいくらでもロッカー空いてるのに、なんでここやねん!

って思ったことないですか?

思ったことないですかって言うか、自分の場合は毎回なんですけど

通っているジムでも200くらいロッカーがあって着替えてるのは5人ほどしかいないのに

今日だってロッカー開けたとたんに隣に人がきて

“うゎ、またかよ”って思ってたら、さらにその人の2つ隣にも次の人が来て…

なんで脱衣所ガラガラやのにここだけ密集してんねん!

って話になる訳ですよ

でもフロントの人が番号順に鍵を渡している感じではない

実際、友達とスーパー銭湯によく行っていた時も

友達とはロッカーは離れてるのに、自分がロッカーを開けようとしたら

ここでもやっぱり違う人が自分のそばに来てお互い脱ぎにくい状態になる…

洗い終わってロッカーに戻ってきても、やっぱり自分のすぐそばに人が来る

そしてお互い“タイミング悪いな〜”みたいな空気に包まれる




これってなんなんですか?

“引き寄せの法則”の一種ですかね?

いやいやそんな引き寄せいらんし


“タバコの煙はタバコが嫌いな人の方に流れる”

みたいな思い込み的被害妄想な都市伝説?



IMG_20140121_235836~01この脱衣所の法則

みなさんには当てはまりますか?