会社の帰りに阪急三番街にある“兎麦”に行ってきました

以前に「カレーうどんが激ウマ!!」ってご紹介したお店です

IMG_20140319_193758~01今回は“とりてんぶっかけうどん(750円)”を食べたんですけど、やっぱりコチラも美味しかった〜♪








って今回はグルメなお話じゃなくて、サービスのお話です


隣の席で50代くらいの男性客がカレーうどんを食べ始めたわけですが…

レジにいた男性店員がサッと近づいてきてこのお客様に声をかけたんです

「何かご想像されてたメニューと違いましたでしょうか?」

って

最初その男性客もキョトンとしていたので、店員さんがこう続けます

「いや、うどんを出したあとにお品書きを何度か見直されていたので心配しまして…」

その男性客もようやく状況がわかったようで

「いや、違うんです、、、」

「うどんの他にもう1品くらい頼もうかとメニューを開いたんですけど、うどんが大盛なので食べきれないかなと思ってやめたんです」

って笑いながら答えていました



あーこの店員さん

ちゃんと自分が出した料理に責任持ってるんだな〜って感心しました
(もろにガン見だとかえって不愉快ですが…(笑)\)

だって高級料亭とかならまだしも、街中の一般的な飲食店ですよ

料理を出したあとにお客様の反応とか普通は見てないでしょ



ツアーで利用するドライブインやホテルでも

「食えればいい」

みたいな対応を受けることが少なくありません

食べる人の側に立てないというか

自分の仕事のしやすさを優先してしまうんですよね

もちろん料金的にどうしようもない問題もあるとは思いますが


スペースはあるのにお客様同志の座席の間隔が狭いとか

料理の盛り付けや器の置き方が雑だとか

この辺は添乗員がフォローできそうですよね

お客様の食べ残しの具合を見て料理の反応を担当者にフィードバックすることもできます

特に最近は料理がメインのグルメツアーも増えてきたし

食品偽装などの問題で料理に対してシビアになっているお客様が多いと思います

この男性店員さんみたいに

“美味しく食べ終わるまでが自分の仕事なんだ”

って意識で仕事ができたら素敵ですね






なんて珍しく長々とブログを書いたのには訳がありまして…

じつは先日、ついにマイクロソフトのsurface2を購入したんです♪

IMG_20140318_223647~01IMG_20140319_204643~01








で、嬉しいのと練習を兼ねてブログを書いてみました(笑)


ちなみに

surface2って最近やたら人気で、買いたくてもお店にもメーカーにもほとんど在庫がない状況なんですよね

このsurface2はたまたま店頭にキャンセル分が1台だけあったので、タイミングよく購入することができました


2年前に買ったiPad2はほとど使わなかったけど

このsurface2とはいいお付き合いができそうです♪