若干今さら感がありますが

IMG_20141114_123529~01今月の4日に第52回宣伝会議賞のエントリーが終了しました

ほんと2ヶ月ってあっという間だと宣伝会議賞で毎年思い知らされます…






応募総数は、今年もお約束の過去最高を記録したしそうで

前回の48万8916点を大きく上回り

その数、なんと!

52万3392点


なんと!とか言いながら

全然、実感が沸きませんけど(笑)

やっぱり参加する側から見れば、応募総数より応募者数の方が気になるところです


さて、締め切りの11月4日はツアーの真っ最中だったので

最後の追い込みをするために、珍しく添乗先にパソコンを持っていったんです

でも連添で疲れていたので、夕食のあとにちょっとベッドに横になったんですね

で、起きたら翌日の朝でした…(涙)

結局1本も追加することなく締め切り当日を迎えました

ほんと情けないやらバカらしいやら…


そんな不完全燃焼満々で終了した今回の宣伝会議賞

自分はどれくらいエントリーしたかというと


20課題/177本

最初は全課題にエントリーする意気込みでしたが、結局半分に終わりました

でも、自分なりに手応えだけは過去最高!

前半に結構いいコピーが書けたので、それにうかれて後半なまけてしまったのが本音です



エントリー数のベスト5は
(1課題50作品までエントリー可能)

1位:旭化成…36本
2位:ネクスコ西日本…22本
3位:ECC …21本
4位:サントリー…19本
5位:キヤノン…18本

中でも仕事で一番身近な存在の課題、ネクスコ西日本はかなり自信があります

高速使うたびにこのコピーが頭に浮かんでニヤニヤしてしまいます(笑)

宣伝会議賞に漏れてもぜひともネクスコさんに使ってもらいたい!

そんなラブリーなコピーです♪


あとはキヤノンのプリンター、不二家のルック、牛乳石鹸あたりもお気に入りがあります

エステーの“米当番”は1本

セメダインは2本と少数エントリーの課題も、ちょっと結果が楽しみ♪

59本だった去年の約3倍をエントリーした訳だから、最低でも去年の3倍

6本は一次審査を通過してもらわないと!!
(もちろん本心は一次審査とかじゃなく受賞を狙ってます)


ツイッターによると、今日あたりから審査員の方々に作品が届き、審査が始まったようです

膨大なコピーの群れから次の審査に進むのって

作品の出来も大切ですけど、担当する審査員との相性もあるでしょうね

そう考えるとコピーの質と運、両方を味方にしないと先へは進めない気がします

どうか可愛いコピーたちが授賞式まで生き残れますよーに♪

第52回宣伝会議賞(公式ホームページ)