蔵王・最上川ツアーの連添で

JR利用の萩・津和野ツアーに行ってきました

萩・津和野と言っても

いつもの“はぎつわ”ではなく

お宿重視でちょっとお値段お高めのプランです
(お高めゆーてもかなり格安ですが)

P2270093~01初日の観光は宮島のみ

島内はやたら若い観光客で賑わっていました
(学生の間では宮島ブームなのか…?)



P2270060~01P2270062~01






P2270079~01P2270086~01






宮島のあとはひたすら今夜のお宿へ向かいます

宿泊先は今回はじめて泊まる“萩城三の丸 北門(ほくもん)屋敷”さん

その名の通り、萩城の三の丸の跡地に建つ5つ星のお宿です


一見どこにホテルがあるの?って感じですよね(笑)

観光バスが乗り入れできない特別区域内なので

専用のマイクロバスに乗り換えてチェックイン

P2280131~01P2280132~01






P2280136~01P2280135~01






城跡のホテルなので、さぞかし純和風な造りと思いきや

館内はやたら洋風(笑)

日本庭園のほかにイングリッシュガーデンもあるほどです

このお庭をぐるっと囲むように宿泊棟が建っておりました

P2270101~01P2270103~01






P2280126~01P2280130~01






P2270096~01P2270094~01






P2270115~01P2270118~01






P2280121~01P2280125~01






2日目はバスの出発前にボランティアガイドさんと一緒にホテル周辺を散策

P2280141~01P2280143~01






観光バスに乗車したあとは“萩反射炉”へ向かいました

ここ、先月プライベートで来たときに行きそびれた観光地なんですよね

駐車場がないのでセブンイレブンの駐車場にバスを止めて、少し階段を上ります

小規模とはいえ、現存する反射炉はここ萩と韮山だけ

世界遺産候補にもなっている、最近注目のスポットです

P2280162~01P2280145~01






P2280147~01P2280152~01






お次は定番の“松陰神社”

1時間以上時間がとれたので

普段のはぎつわツアーでは行けない伊藤博文の旧宅

さらに興味のある方は玉木文乃進の旧宅まで行かれたようです

いつもこれくらいゆっくり時間が取れたらな〜

P2280161~01P2280158~01






萩ではお土産物屋さんの立ち寄りもなく

津和野でお昼を食べて

殿町の散策をして福山駅へ向かいました

なんて素敵なコースなんだ(笑)

欲を言えば

ホテルメインのコースなので、もう少し早くチェックインできたらな〜…
(今回スムーズにいって18時10分着)

せっかくなのでドラマ館も見て頂きたかったです…


でも今回のお客様はほとんどが“花燃ゆ”ファン

幕末添乗員としてはかなりしゃべり甲斐のあるお仕事だったのでした♪


P2280155~01あ、松陰神社でこんなポスターを発見

【第4回神社検定】

開催は6月21日なので、今からでも十分間に合いますよ(笑)






え?神社検定ってナニ?
ってお方はコチラ↓
神社検定”って知ってる?