先日、YOCのメンバーと奈良にある日本最古の神社こと

大神(おおみわ)神社
に行ってきました
(先日ゆーても5月のことなんですが…)

大神神社の最寄りの駅はJR桜井線の「三輪駅」

大阪からは近鉄かJRで行けますが

鶴橋駅から近鉄(大阪線)で「桜井駅」に向かうのが便利だと思います

詳しくはコチラ↓
電車をご利用の方(大神神社HP)

P4180255~01←近鉄「桜井駅」

ここからJRで三輪駅までは3分なんですが

本数も少ないので歩くことにしました


約2キロにかけてのどかな町並みをウォーキング

P4180136~01そろそろJR三輪駅が近づいてきたようです

駅から三輪山が見えているので、山の方向に歩いていくと迷うことはないと思いますよ




こちらが二の鳥居

観光バスの駐車場もこの付近にありました
(一の鳥居はここから2キロほど離れているのです)

P4180138~01P4180140~01






P4180141~01参道も立派ですね

さすが大和国の一の宮





P4180142~01参道の途中、左手にあるのが“祓戸(はらえど)神社”

拝殿に参拝する前にご挨拶するアポ取り神社です(笑)




手水舎にヘビのレリーフがありますが

これは大神神社のご祭神“大物主命(オオモノヌシノミコト)”の化身が白蛇だったことに由来します

P4180149~01P4180227~01






P5070088~01←ちょっとガイドブック風(笑)






P4180226~01手水舎のそばにある切り株は“衣掛(ころもかけ)の杉”

謡曲「三輪」に登場する伝説の杉だそうです




階段を上がるといよいよ拝殿が見えてきました

この拝殿は1664年に徳川家綱公により再建されたもの
(国の重要文化財)

ここ、大神神社は裏手にある三輪山がご神体なんです

なので本殿という建物はなく、拝殿を通して三輪山を拝みます

この参拝方法が古来からの神社の在り方を今に残していてるんですね

大神神社が日本最古の神社と言われている所以がそこにあります

P4180151~01P4180155~01






P5070064~01P5070063~01






P5070058~01あ、今回のYOCのメンバーは全員独身なんですよね

しっかりご縁があるように

たっぷり五円を持参してまいりました(笑)



拝殿のそばにある老木は“巳の神杉(みのかみすぎ)”

大物主命の化身である白蛇が棲むといわれていて、ヘビの好物“玉子”がお供えされていました

P4180158~01P4180161~01






ヘビともうひとつ、この神社にはゆかりのある生き物がおりまして

それがウサギ

P5070087~01“集拝殿(しゅうはいでん)”の玄関にはなでると幸せになる“なでうさぎ”がいるのでお忘れなく

←え、なですぎ?




P4180229~01~01さて、ここまでが駅から大神神社の拝殿までの道のり

実は大神神社には他にも個性豊かな摂社・末社がたくさんあるのです

ブログな添乗員ではあと2回に分けて代表的な摂社・末社をご紹介したいと思います♪