拝殿の参拝が終わったら左手に進みましょう

P4180166~01こちらの綺麗な建物は平成9年に建てられて“祈祷殿(きとうでん)”

結婚式などで使われる場所です




拝殿の次に向かいたいのは大物主命の荒魂(あらみたま)を祀る“狭井神社(さいじんじゃ)”

この祈祷殿から狭井神社に向かうルートは二手に分かれます

“くすりの道”って道を通るルート
(大きな看板が出ているので分かりやすい)


P4180168~01P4180169~01






P4180217~01もうひとつは

集拝殿と祈祷殿の渡り廊下の下をくぐるルート
(アップダウンが少ないのはこちら)




どちらに進んでも途中で同じ道に出るのでご安心を

P4180190~01←狭井神社の鳥居

ここから神社までもちょっと距離があります




P4180189~01途中左手に池があって、そこに赤い鳥居の神社があります

九州の宗像大社や宮島の厳島神社で知られるイチキシマヒメを祀る“市杵島姫(いちきしめひめ)神社”です



P4180176~01ようやく狭井神社に到着

拝殿からけっこう歩きました…




P4180181~01神社の横には“薬井戸(くすりいど)”と呼ばれる井戸があって

ここでご神水を飲むことができます




P4180184~01そしてここ狭井神社は三輪山登拝口でもあります

登る際は社務所で受付を済ませ神職の方から説明を受けます




ここはあくまでご神体のそばで拝みたいという信仰として登る神聖な場所でございまして

スポーツ感覚や興味本位で行くと場所ではないのです!

そしてこのご神域で見たものは決して他人に話してはならないのです!

もっと言えば登ったことすら他人に言うのはよろしくないのです!

みたいな厳しいお話しを登る前に受けるのだとか

え、お前は登ったのかって?

それは口が裂けても言えません(笑)

P4180178~01P4180174~01







狭井神社の次に向かいたいのは“久延彦神社(くえひこじんじゃ)”

P4180212~01古事記に何でも知っている知恵の神様として登場する“クエヒコ”

この神様を祀っている神社はなかなかないのでかなりテンションが上がった(笑)





神社は小高い丘の上にあって、途中に展望台があります

恋人の聖地だそうです(笑)

木がハートの形に見えるのもそのせいか・・・

P4180201~01P5070075~01






ここ、景色もいいのでオススメですよ

遠くに葛城山や金剛山、高さ30mある一の鳥居も一望できました

2015年4月20日 192524 JST~01P4180195~01






ようやく久延彦神社に到着

ここから三輪山を拝むことができる遙拝所もありました

P4180207~01P4180205~01






ここまでかなり歩いたなー

お腹が空いたので下に降りてランチタイム

P4180232~01三輪といえば三輪そうめん!

大神神社に来たらやっぱりそうめんを食べないとね




P4180239~01P4180237~01






写真は“庭”ってお店で食べたそうめん

とっても落ち着いた店内でそうめんも薄味で美味しかったです♪