今回お世話になった軍艦島クルーズは

“(有)高島海上交通”さんが運営する“(株)軍艦島クルーズ”って会社の“軍艦島上陸ツアー”って名称のツアー
(ややこしいな…)

P9010127~01まず桟橋とは少し離れた場所にある事務所で先に乗船手続きをします

添乗員はお客様全員分の誓約書と名簿を提出




現金で支払う軍艦島の上陸料もここで支払います


この事務所で受け取るものがコチラ↓

P9010124~01首からかける参加証(添乗員用とお客様用は別)と軍艦島の上陸チケット

上陸チケットは上陸できない場合もあるため配らずに添乗員が持っておきます




バスで移動すると30秒ほどで桟橋到着(笑)

桟橋周辺は何もありません

トイレも船内のトイレは出航しないと使えないので注意しましょう

乗船開始は20分前ですが、席は早い者勝ちなので早目に並んだほうが良さそうですね

P9010125~01P9010135~01






P9010137~01しかし派手な船やな

“ブラックダイヤモンド”って名前で200名乗りだそうです




このブラックダイヤモンド号、1階席は屋根があるのでいいんですが…
P9010202~01P9010204~01






P9010138~012階席は開放感満載!

景色を楽しむ分にはいいんですが

雨も日差しも遮るものがございません…


ちなみに船上も上陸後も傘は日傘含め使用は不可できません

出航後は女神大橋や三菱重工長崎造船所、伊王島などを眺めながら進みます
(伊王島から乗船のお客様がいれば伊王島にも寄港)

P9010145~01P9010143~01






P9010149~01途中、高島に寄港しますが乗客は乗ったまま
(ここから乗船も可能)

この島は帰りにまた寄港した際に上陸します




P9010155~01この高島から先が船が揺れる区間

やっぱり天気が回復したように見えても海上はかなり荒れていました




P9010162~01いよいよ軍艦島が見えてきました!!

テンションが上がりますよね

しぶきを上げながら船が島に近づいていきます



もう桟橋まですぐそこ!って距離まで寄ったんですが

波が高いので上陸不可能との放送がかかってしまいました

船内にはため息と共に重々しい雰囲気が…

P9010169~01P9010175~01






P9010178~01まぁ天気はいいとはいえ、ここまで波が高かったら仕方ないです

判断基準は0.5m以上の波で上陸不可ですから…





P9010181~01上陸できない場合は“軍艦島接近コース”に変更

上陸コースでは見れない区域の様子などを船上より見学します
(島の周囲を1周するわけではありません)




P9010183~01残惜しく軍艦島をあとにしたあとは高島に寄港

ここでは全員強制下船(笑)




P9010184~01港のターミナル内には待合所やカフェ、小さい売店などがあります

船内のトイレは小さいのでトイレはここで利用する方がほとんどです




しまとく通貨の販売も、この建物内で行っています
P9010185~01P9010187~01






P9010199~01←売店にこんな皮肉な缶バッチ売ってた(笑)






P9010189~01ターミナルの奥には“石炭資料館”があります

屋外にある100分の1の軍艦島の模型も必見

ここも船内に引き続き案内人の方が説明をしてくれました


P9010191~01P9010194~01






軍艦島クルーズに高島上陸が含まれているのはこちらの会社だけなのでちょっと得した気分♪


P9010205~01今回は上陸できなかったので最初に事務所で支払った上陸料は返金されます

添乗員が全員分の上陸チケットと領収書をスタッフに渡すと封筒に入ったお金を手渡されます



個人の場合も代表者にのみ返金なので、予め船内で全員分のチケットをまとめておきましょう

で、このあとが大変やね

なんせ1人240円×37名分の小銭を用意しないといけませんから…(涙)

軍艦島に行かれる添乗員さんは予め小銭は用意しておいたほうが良さそうですよ


軍艦島上陸クルーズ(高島海上交通)