ツアー後半戦の4日目はむつ市内から久慈まで大移動

この日のメインは“三陸鉄道・北リアス線”

久慈(くじ)駅から普代(ふだい)駅まで35分間のローカル列車の旅です


P9290099~01久慈駅には早目に着いたので

駅前にある“まちなか水族館”などを見学してもらいました




P9290091~01P9290095~01






P9290092~01P9290098~01






館内にはこの水族館の応援団長である“さかなクン”が提供した魚や水槽、イラストなどがズラリ

さかなクンってほんと多彩やなー

と魚そっちのけでさかなクンに感心してしまった(笑)

三陸鉄道はたまたまこの日は貸切日

海女ちゃんガイドの楽しいお話を聞きながら車内でホタテ弁当の昼食です

P9290101~01P9290103~01






P9290105~01あ、向かいのJRのホームにこんな貸切車両がおった

こっちも気になる…




P9290108~01P9290106~01






P9290110~01しかし陽気で楽しい海女ちゃんガイドさんでしたね

普段は海ではなく陸(観光協会)で働いているそうです(笑)




このあと“北山崎”と“浄土ヶ浜”を見学して“三陸花ホテルはまぎく”さんへ

P9290117~01P9290118~01






今回はじめて泊まるホテルだったんですが

名前の通りめっちゃ花ホテルやった

フロント可愛いすぎ(笑)

P9290122~01P9290123~01






P9290120~01P9290128~01






こちらのホテル

ホテルのすぐ裏が三陸海岸の絶景が広がっているんですよね

それゆえ東日本大震災では壊滅的な被害を受けたとのこと

2013年8月にこれまでの“浪板観光ホテル”から名前も一新し復活リニューアル

ちなみにホテル名にも付いている“はまぎく”の花言葉は「逆境に立ち向かう」だそうです

P9290130~01非常階段の照明がやたら明るくて

避難経路を示す案内表示も徹底していたのが印象的でした





ホテルの部屋に入ったら非常口の確認

なんだかお約束のフレーズで重要性を忘れかけていたけど大事なことですよね

お客様への案内はもちろん、自分自身も気を付けたいものです