ツアー2日目は“八方尾根(はっぽうおね)”

アプローチはこんな感じ

■八方駅(標高:770m)
↓八方ゴンドラリフト・アダム(所要8分/6名乗り)
■兎平(標高:1400m)
↓アルペンクワッドリフト(所要7分/4名乗り)
■黒菱平・鎌池湿原(標高:1780m)
↓グラートクワッドリフト(所要:5分/4名乗り)
■八方池山荘(標高1830m)

2015年10月15日 85250 JST~01この日はハイキングというより登山に近いので

山岳ガイドさんの同行で八方池(はっぽういけ)を目指します




ここで翌日に行く“栂池パノラマウェイ”のチケットも受け取りました

本日は“八方アルペンライン”と呼ばれるルート

往復6回、ゴンドラやリフトに乗るのでチケットの紛失にはくれぐれも注意しましょう

PA090123~01PA090129~01






PA090139~01最初のゴンドラから見事な紅葉がお出迎え♪






PA090143~01兎平で次のリフトのりばへ徒歩移動

すぐそこです




PA090144~01お客様、ちょっと左に寄り過ぎているような…






PA090145~01黒菱平でも次のリフトのりばまで徒歩移動

ここもすぐそこです




PA090149~01お客様、今度はちょっと右に寄り過ぎているような…

よっぽど仲がいいんですね(笑)




PA090155~013つの乗り物に乗ってようやくスタート地点の“八方池山荘”に到着

ここはそもそも唐松岳という山に登るためのルートですが

我々はその途中にある“八方池”で折り返します


PA090156~01スタート直後からルートが分かれていますが、途中で合流できます

この日は山の稜線が見えていたので、少し足場は悪いですが、右側(地図でいうと上)のルートを選びました



確かに地図にあるように悪路ですが、右手に広がる白馬三山の景色に癒されます

ちなみに白馬三山(はくばさんざん)というのは

■白馬槍ヶ岳(はくばやりがたけ):標高2903m
■杓子岳(しゃくしだけ):標高2812m
■白馬岳(しろうまだけ):標高2932m

の総称です

PA090174~01PA090170~01






PA090182~01PA090183~01






しかしお天気サイコーですね♪