MRTを降りたあとは“十分(じゅっふん/シーフェン)”

十分のそばの“平溪(ピンシー)”という町では元宵節に(小正月)に“天燈(てんとう)”と呼ばれるランタンを上げる“平溪天燈節”というイベントが有名
(開催日時はその年によります)

十分ではイベント期間じゃなくてもお金さえ払えば各自で天燈を上げることができるんです

このコースではお客様のお部屋毎に天燈を上げてもらいました

P1260478~01まずはハンガーラックにセッティングされた天燈に名前や願い事を書きこみます

慣れない筆で書くのでなかなか上手く書けないご様子…
(墨汁がタラタラ垂れてくるし)



書き終わった方からスタッフに声をかけて打ち上げ場所へ

なぜかこの打ち上げ場所っていうのが線路の“上”なんですよね

線路の脇とか線路の近くの広場じゃなく、線路の上!!

まぁここが一番広いし上げやすいか(笑)

Fotor_145433555581835~01Fotor_145433559871393~01






色んな国の言葉や色んなメッセージを乗せた天燈が次々と上がっていきます

写真もスタッフが慣れた手つきで撮ってくれます

ここは添乗員がヘタに手伝わないほうがよさそうです

P1260509~01P1260507~01






時間が余ったらお土産用のミニ天燈を買ったり

十分駅近くにある吊り橋に行くのもいいですね

P1260508~01P1260501~01






P1260495~01こちらが打ち上げ会場のそばにある十分駅

そう、駅があるということは列車が来ます




P1260510~01でも線路の上は天燈を上げる人でごった返しています

列車が来たらどーすんの?




P1260511~01列車が来たらよけます!

この光景がめちゃウケた(笑)




P1260513~01スタッフの兄ちゃんなんてギリギリ列車が通過しても余裕でタバコ吸ってるし(笑)

ほんとこーゆー日本では考えられないシチュエーションが海外旅行の醍醐味ですよね♪




十分のあとは今、日本人観光客の人気スポット“九份(きゅうふん/ジュウフェン)”

P1260547~01基隆湾を見下ろす山の斜面にレトロな町並みが広がっています

かつて金山として賑わいをみせた町だそうです




九份のシンボル的な存在なのが“阿妹茶酒館(アーメイチャージィウグアン)”

映画「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われる建物で人気の撮影スポットです

P1260538~01P1260568~01








P1260555~01P1260552~01






P1260557~01P1260561~01







P1260572~01夕食はこの阿妹茶酒館の目の前のレストラン

“海悦楼(かいえつろう)”で九份郷土料理




P1260589~01雰囲気のある夕暮れ時から夜景まで

ノスタルジックな九份の魅力を満喫できました♪




P1260581~01この芋団子のぜんざいも甘すぎず美味しかった♪

でも雨がヒドかった・・・




聞くところによると、九份は“1年のうち200日雨が降る”って言われるほど雨が多いそうです

皆さん、九份に行かれる際は傘をお忘れなく!!

あと坂と階段が多いので足元にはくれぐれもご注意を!!