今年のさっぽろ雪まつりツアーでのお話です

ゆき祭りの大通り会場には北海道各地のグルメが勢ぞろいするわけですが

毎年楽しみにしているのが美唄焼き鳥の“福よし”さん

福よしさんのオススメはなんと言ってもモツ(ホルモン)!

色んな部位のホルモンが刺さっているのが特徴で

串1本で鳥が丸ごと食べれるって言われているお店です

9db83885メディアで取り上げられた影響もあってか、ここ数年はかなりの人気っぷりのようです
(写真は昨年のもの)





札幌市内にもお店がありますが、やっぱり大通りで手軽の食べれるのが嬉しいですよね

今年も真っ先に“福よし”さんのブースへ直行しました

オーダーしたのは“もつそば(750円)”と“もつ串(150円)”

なんか高なってる・・・

ま、それは時代の流れとして許せるんですが

P2050029~01出てきたもつそばを見てガッカリ

なんか思ってたんと違う・・・




しかも店員さんもめっちゃ不愛想(涙)


“もつそば”って今まではそばにもつ串が1本乗ってたと思うんですけど

これは具が最初からバラバラ
(というか串に刺した形跡がない)

しかも写真では分かり辛いんですけど

キンカンばっかりゴロゴロ入ってるんです!!

なんか余った材料乗せとけ!みたいな・・・

追加でもつ串を1本頼んでたから良かったものの

これじゃ“もつそば”じゃなくて“キンカンそば”やし!!

※キンカン…卵の黄身がまだ鶏の体内にあるうちの未成熟卵


前からこんなんだっけ?

とブログで昔の写真をチェック

2009年に食べた“福よし”のもつそばがコチラ

7bb76e60やっぱり具はバラしてないやん!

しかも串も今よりボリュームあるし!





この頃は値段もモツ串1本追加で600円でした

同じものを今食べると

P2050029~01串に刺さった具は痩せコケて

そばに乗った具がキンカンだらけになって

お値段900円









ないわ




次はないわ




さよなら福よし(涙)

今まで美味しい焼き鳥をありがとう!

初心にかえる事があったらご連絡ください

また行きますから!


美唄焼き鳥“福よし”のもつそば♪
(2009年2月13日)