ツアー2日目

湖北の仏教文化のメッカと言われる“己高閣(ここうかく)”・“世代閣(よしろかく)”

ここはお寺ではなく、この周辺にあった神社仏閣の仏像などが収められている収蔵庫です

お目当ては十一面観音(重文)

P2270190~01P2270191~01






P2270194~01お次は“向源寺(こうげんじ)”

お目当ては十一面観音(国宝)





そう、このツアーは“十一面観音”を巡るツアーでもあるのです!(笑)

なんてったって「お水取り」二月堂のご本尊である十一面観音に香水を捧げるから「お水取り」ですからね

お水取りと十一面観音は切っても切れない縁なのです!!

ちなみに二月堂の十一面観音は絶対秘仏で誰も見ることができません(どないやねん)


この日のランチはJR木ノ本駅のそばにある“すし慶”

鯖の煮汁で作った“鯖そうめん”がめちゃくちゃ美味しかった♪

P2270196~01P2270199~01






近くにはご当地パンの“サラダパン”で有名な“つるやパン”の本店もありました

初めて食べたけど、けっこう美味しいね(1個145円)

P2270201~01P2270200~01






午後は滋賀県を離れ奈良県へ

東大寺総合文化センターで“修二会セミナー”という講習を受けたあと

いよいよ二月堂へ

P2270203~0118時頃に現場に着いたんですが

結構混み合ってるなー




P2270208~01P2270207~01






本当は二月堂の下に設けられた柵の中で見たかったんですよね…
(写真はツアー前日に下見で来た時に撮影)

1457185295024~011457185297008~01







P2270222~01まぁ二月堂は高台に建っているので

離れていてもお目当ての松明は見れます
(というか離れている方が見やすいかも)



松明はお堂の回廊を向かって左から右へ一本づつ横切っていきます

よくパンフレットなどで横一直線に炎が燃えている写真を見かけますが

あれはシャッターを開けっ放しにして撮影した写真であって、実際は1本づつです

修二会の開催は3月1日〜14日の14日間

12日と14日が11本で

他の日は全部で10本の松明が登場します

所要時間は10本の日で約20分ほど

炎から落ちる火の粉は迫力満点ですが、意外とあっさり終わります(笑)

この日は乾燥していた影響で火がつきすぎたのか

途中で松明の炎がごそっと落ちてしまうハプニングが何度かありました

P2270225~01P2270228~01






P2270240~01P2270260~01






今夜の宿泊はいつもお世話になっている“ホテル日航奈良”

お客様はホテル内の中華料理店にて遅めの夕食ですが

添乗員はその辺でお好きにどーぞと言う事なので

P2270257~01奈良県民の後輩、前ちゃんを呼び出し

オススメのラーメン屋でカレーラーメン♪





前回の若草山のツアーではお客様は奈良ホテルで夕食

添乗員はタイ料理屋で“トムヤムクンにゅうめん”でしたね


奈良の夜はいつもスパイシーです・・・(笑)

若草山山焼きと“うまし冬めぐり”1日目♪