長岡の花火大会に続き

琵琶湖の花火大会に行ってきました♪

大阪からも日帰りツアーが出発しますが

このコースは東日本のお客様を米原駅でお迎えする“現地受け”のコースです

米原駅を出発し、最初に向かったのは“箱館山ゆり園”

観光バスの駐車スペースは奥の方なので

添乗員だけ先に降りて手続き

受付でパンフレットとチケットを受け取ります

チケットは往復チケットなので紛失しないように注意しましょう

P8080004~01P8080005~01






ゴンドラは8名乗りで随時運行
P8080006~01P8080008~01






降りたら目の前に小高い丘があります

徒歩でも登れますが、天気が良ければリフト(310円)が気持ちよくてオススメ♪

P8080009~01P8080012~01






天気が悪かったらレストハウスに避難かな

ゴンドラを降りて右へ進むとレストハウス(第2ヒュッテ)があります

P8080014~01P8080016~01






“約250万輪のユリ”

と言うことでお客様は楽しみにされていたんですが・・・

ユリの見頃は7月上旬だったようで

ゆり園のユリほとんど枯れておりました・・・

P8080022~01P8080015~01






でも“森のゆり道”ってエリアの一角には遅咲きにユリが綺麗に咲いていました

琵琶湖も一望できるのでオススメの撮影スポットです

P8080019~01P8080021~01






このあとはホテルへ

今夜の花火大会に備えて早目のチェックイン&早目の夕食です

今晩のホテルは大津の“ロイヤルオークホテル”

いつも琵琶湖に釣りに行く時に前を通るので存在は知っていましたが

利用するのは初めて

正直、こんな立派なホテルだとは思ってなかった(笑)

目の前が琵琶湖で釣り好きにはたまらないロケーションです♪

P8080027~01P8080030~01






P8080032~01P8080024~01






P8080031~01P8080029~01







さて、ホテルを18時に出発したらホテルの送迎バスで唐橋桟橋へ

実は今回の花火の観覧席は地上ではなく“船上”なのです


花火の見物客がビッシリ押しよせている護岸を遠目に

夕暮れ時の琵琶湖をしばしクルージング♪

風がさわやかで気持ち良かった〜♪

はい、正直に言います!

優越感ハンパなかったです!m(__)m

P8080035~01P8080033~01






P8080041~01P8080051~01






170名定員の船には小さな団体が4つくらい入ってたかな?
(我々は24名)

湖上のビュースポットは打ち上げ場所から距離があるので迫力には欠けますが

間近で見る花火とは違い全景が見れるのがいいですね

P8080054~01P8080075~01






P8080064~01P8080080~01






20160808_201917~0120160808_202546(0)~01






そしてなんと言っても花火終了後が快適すぎる♪

花火ビュースポットから桟橋まで船で約15分

桟橋からホテルまで送迎バスで約10分

花火大会=深夜の宿入り

ってツアーしか今まで経験したことがなかったので

この快適さは添乗員にとっては花火以上の感動なのでした(笑)