ツアー3日目はアンコールワットの朝日鑑賞のためホテルを5時半出発・・・

想像以上に真っ暗だった(涙)
※懐中電灯は必須
PC300001~01PC300005~01






寺院に向かって左側の聖池は朝日鑑賞の中でも一番人気らしく

かなりの混雑っぷりでした

ちなみに参道はカップルがど真ん中に座っても誰も文句を言わないほどガラガラ(笑)

昨日の夕陽に続き、こちらも不発で終わりました・・・

PC300020~01PC300019~01






さ、気を取り直してホテルに戻って朝食を食べましょう♪

朝食後、再度出発して向かった先は市内から13キロほど離れた“ロリュオス遺跡群”

今回は3つの遺跡を見学しました

【バコン】

アンコールワットの原型と言われる寺院です

インドのタージマハルでいうと“フマユーン廟”みたいな感じ?
インドツアー4日目♪

なかなかの廃墟っぷりで廃墟好きにはたまらない場所でした(笑)
PC300031~01PC300035~01






PC300040~01PC300043~01






1$でバナナを売る子どもが多かったので情に負けて購入(笑)

カンボジアの子どもはみんな目がクリクリで素朴で愛嬌があります♪

お客様に配ろうとできるだけ少ないのを選んでみたけど

それでも多い・・・(笑)

PC300055~01PC300052~01







【プリヤ・コー】

小規模ですが6つの祠堂に彫られたレリーフは見事です

PC300058~01PC300060~01






PC300065~01PC300067~01







【ロレイ】

もともと巨大な貯水池の小島に建っていた寺院だそうです

ほぼ工事現場・・・

PC300077~01PC300079~01







以上3つを見学したらバスで50分ほど移動


【バンテアイスレイ】

シェムリアップ市内からだと北へ1時間ほど離れた郊外の遺跡です

ジャングルの中にポツンとあるのがいいですね♪

保存状態がよく、繊細なレリーフが素晴らしいです

遺跡見学というより芸術鑑賞といった感じ♪
PC300082~01PC300091~01






PC300092~01PC300095~01






PC300094~01PC300103~01






中央祠堂の中に彫られたヒンドゥー教の女神“デヴァター像”は

「東洋のモナリザ」と呼ばれていることで有名です

現在は中は入れないので、代わりに北塔西側の“デヴァター像”を写真に収めて帰りましょう!

PC300101~01IMG_20161231_034824_834







市内に帰ったら“アンコールクッキー”でお買い物タイム

マカダミアンナッツを使ったクッキーが人気のお店

経営者が日本人女性なので安心してお買い物ができます
PC300107~01PC300110~01






あ、そうそう

シェムリアップの現地ガイドさんには制服があるんです!

みんな同じシャツを着ているからホテルのロビーや観光地では混乱します・・・

PC300111~01ちなみに中央で一番偉そうにしているのが今回のガイドさん(笑)






後半へ・・・