先日、ブログで出雲そばの行列ができる名店をご紹介したので

今日は大阪で個人的にお気に入りの蕎麦屋をご紹介したいと思います

お店の名前は「寄り屋」

難波の地下街“なんなんタウン(B1F)”にあります

ちょうど地下鉄御堂筋線から南海へ向かう途中の地下街なので

関空に早目に帰着した帰りなどによく利用するお店です

20170130_201226~01外観はパッと見、赤ちょうちんの居酒屋風

実際、お酒や焼き鳥なども扱っています




ここの名物は赤鶏&赤玉子を使用した親子丼と

自家製麺の更科そば

なのでいつも親子丼とざるそばの

親子丼セット(830円)をオーダーします

20170130_195450~0120170130_195725~01






親子丼も美味しいですが、ほんと蕎麦が絶品なんですよね

殻ごと製粉する黒い出雲そばと違い

更科そばは蕎麦の実の中心部分の粉を使用するので白いのが特徴

松江で「ふなつ」の蕎麦を食べ慣れている人にとったら

こんなの蕎麦じゃない!って言われそうです(笑)

20170130_195810~0120170130_195819~01






プラス料金で九割り蕎麦にランクアップできる“特上セット”

そば、丼、どちらかをミニにできる“ミニセット”

など気分に合わせてオーダーできるのも嬉しいですよね


調べたら杵屋グループ(そじ坊とか杵屋とか)のチェーン店だそうで

北堀江にも店舗があるそうです

てかそじ坊と杵屋って同じグループだってことがビックリ(笑)

関空には杵屋もそじ坊がありますが

難波まで帰ってくるんでしたら、ぜひ大阪で2店舗しかない“寄り屋”で

真っ白い更科そばと親子丼を食べてみてくださいね♪

寄り屋(グルメ杵屋・公式HP)