9月20日から

「ウズベキスタン4都市周遊8日間」

というツアーに行ってきました

ウズベキスタンに行くのは今回が初めて

かなりマニアックなツアーなので、きっと少人数だと思ったんですが

集まったお客様は17組・26名様

結構多かった・・・

しかもかなりの海外旅行上級者ばかりやった・・・(汗)


いつもならツアーレポートから記事を書き始めるのですが

近々知り合いの添乗員さんがウズベキスタンに行く予定なので

ウズベキスタンで役立ちそうなお話しからアップしていきたいと思います

なんせウズベキスタンって書籍でもネットでも、情報がほんと少ないので・・・


【お金の話し】

やっぱりこれが一番気になりますよね

ウズベキスタンの通貨は“スム”

日本では両替できないので、現地の空港やホテルで両替します

基本的にはアメリカドルから両替
(日本円は両替できたりできなかったり・・・)

このスムが9月の上旬に一気に暴落(元々安いですが)

現在、ネットで為替を調べると1スム=0.014円くらい

でもエジプトポンドもそうでしたが、ネットで出てくるレートがそのまま実際のレートというわけじゃないので注意が必要

今回は現地ガイドさんから50$=40万スムで両替したので

1$=8000スム

って計算です

ネットでは大量の1000スム札を持ち歩かないといけない、とか

できるだけ5000スム札を持っている所で両替したほうがいい

って書かれてるのをよく見かけました

最新版の「地球の歩き方」でも一番大きいお札は5000スムでしたが

ガイドさんから受け取った封筒の中身は、なんと

50000スム札×8枚

いつの間にか1万スム札と5万スム札が発行されてるし!!

めっちゃ分厚い札束を想像していたので拍子抜けしました・・・


ツアー中に実際に触ったお札は以下の6種類

200・500・1000・5000・10000・50000

まぁ200スム札はスーパーのお釣りでもらったくらいでほとんど使い道はありません
(デザインが可愛いので隠れた人気者ですが)

コインは一度も見かけませんでした

※当り前のように街中では闇両替をする人が声をかけてきますが
これは違法行為なので添乗員としはオススメできません


20170925_231713~0120170925_231945~01






写真左下がツアー1日目、両替したてのスム

右下がツアー4日目の財布の中身

使えば使うほどお札が増える・・・(笑)
Fotor_150650253889471~01Fotor_150650257915787~01






Fotor_150649693606258~01レストランでビール2杯を1000スム札で支払うと

これくらいの札束になります(笑)




レストランの飲み物代やスーパー、トイレチップはスムですが

観光地などの売店や売り子、バザールではスムよりアメリカドルが歓迎されたりします

クレジットカードは使えても使わないほうが無難ってのがセオリーみたいです


ちなみにトイレチップは500か1000
(約7円〜14円)

ホテル・レストラン以外のトイレは基本的に全て有料
(ちゃんとお釣りもくれます)

レストランのドリンク代は

ワイン・ビール:15000〜18000スム
(約200円前後)
コーラ:10000〜12000スム
(約150円前後)


観光地で売っているコーラとかは
5000スム(約70円)くらい

スーパーで一番安いペットボトルの水だと
1000スム(約14円)以下
コーラなどは
3000スム(約40円)以下

こんな感じで物価はめちゃくちゃ安いです

Fotor_150649796561287~01実際によく使うお札は500〜10000の4種類

正直、最初にもらった5万スム札

高額すぎて使いにくかった・・・





お客様は最初に両替した40万スムとアメリカドルで過ごせたようです

めちゃくちゃ余った!!とか全然足りない!!ってお声はありませんでした



【買い物の話し(観光地)】

基本的に観光地には必ずと言っていいほど売店があります

“スザニ”と呼ばれる刺繍製品や陶器のお皿や人形

どこの都市でも同じようなものが売られています

値札などはなく、もちろん値切ってなんぼの世界(笑)

しつこく迫ってくる売り子もたまにいますが

それほど強引ではありませんでした
P9230047~01P9230113~01






P9230114~01P9230115~01






P9230127~01P9230131~01






P9230133~01P9240014~01






P9240036~01P9240065~01







【買い物の話し(街中)】

街中のスーパーではスムの値札が貼られていて、支払いもスム

お客様から聞きましたが、細かいお釣りはガム2枚ってこともあったようですね(笑)

お菓子類はやたら計り売りが多い印象でした
20170925_172137~0120170925_172410~01






20170925_172431~0120170926_103657~01







【食事の話し】

レストランはどこに行っても“出すのは遅めで下げるの早め”(笑)

テーブルには大きめのペットボトルの水

主食のナン(パン)と前菜(サラダ)が事前にセットされていて

満腹中枢が刺激されてお腹が膨れてきた頃にスープ

1時間くらしてようやくメインが出てきて、そのあとデザート

最後は温かいお茶が出てきます

ほとんどこのパターン

ランチでも余裕で90分ほどかかってしまいます・・・

20170923_194405~0120170924_142932~01






ナンって聞くとインドのナンを想像しますが

インドのそれとはまったく異なります

ウズベキスタンではパンを「ナン」と呼ぶそうです(笑)

前菜は野菜モリモリ

だいたいトマト、キュウリ、タマネギ、ナス、ビーツのどれかが出てきます
P9210066~01P9220061~01






P9220115~01P9240113~01






P9230060~01P9260017~01






ウズベキスタンのメイン料理は基本的に肉料理で油っこく

その油は日本人が消化しにくいので、食べ過ぎるとお腹を壊すようです

料理自体は美味しいのですが、くれぐれも食べ過ぎは禁物です!


あ、ちなみにビールのラベルに印字されている%はアルコール度数ではなく

何かの材料の含有量だそうです
(小麦って聞いたけどそれにしては低いような・・・)
P9210073~01P9210072~01






ウズベキスタンはイスラムの国ですが、普通にお酒は飲めるのでご安心ください♪