第53回のエントリー終了からご無沙汰の宣伝会議賞ネタです(笑)

今年で第55回を迎えた宣伝会議賞

IMG_20171112_141819_603~01~01先日の正倉院展ツアーで書いたように

11月6日にエントリーが終了しました




第53回のエントリーが終了した記事を読んでみると

第53回・宣伝会議賞のエントリーが終了♪
(2015年12月5日)

20課題で177本エントリーしたようですね

思いっきり自身満々に書いておりましたが

結果は惨・敗

一次すらゼロという結果でした

あまりに惨敗すぎて

システムエラーで作品が応募されていなかったんじゃないの?

って今でも思っているほどです(笑)

この第53回では

紙もペンも持たず

頭の中で考えたアイデアをそのままスマホなりパソコンなりに入力する

って手抜き戦法を初めて試したみたんですが

結果は惨敗でしょ

第54回では初心に戻って紙とペンでアイデアを膨らませていきました

エントリー数は81本

結果は4本が1次審査を通過し

そのうち2本が2次審査へ

そのうち1本が3次審査に残りました

かなり男前な展開です(笑)

残った課題も「キャノン」ってのが男前!

(毎年エントリー数が多く倍率が高いため)

この3次審査がどれほど狭き門だったかというと

応募作品全体の0・018%ですよ!!

紙とペンで考えることの大切さを学んだ宣伝会議賞でした

3次審査まで残ったのは第50回の「エディオン」以来でしたが

結局、初の授賞式には手が届きませんでした(泣)


そして迎えた今回の第55回宣伝会議賞

もちろん今回もしっかり紙とペンからスタート

エントリー数は8課題で134本

内訳は

BROOKS:23本
キャノン:30本
サントリー:4本
ソーエキサイト:23本
ディーエムソリューションズ:13本
ニチバン:18本
三井不動産リアルティ:3本
ロッテ:20本

でした

言い訳がましいですが、今年は9月がかなり多忙だったため

課題に目を通したのが課題発表の1ヶ月後になってしまったんですよね・・・

それでも自分なりに精一杯アイデアを出したつもりです

専門学校の生徒にも授業の中で宣伝会議賞を勧めたんですよ

みんなで応募して受賞したら賞金で打ち上げしようぜ!って(笑)

さてさてめでたく打ち上げ資金は稼げるのか?

気になる一次審査の発表は2月1日です


※宣伝会議賞って何?って方はコチラへ↓
■宣伝会議賞とは?
(公式サイトより)

※なんでお前が宣伝会議賞やねん?って方はコチラへ↓
宣伝会議賞って知ってる?
(2009年9月24日)