10月に読んだ本の一覧です

Fotor_150935272195281~0110月といえば

宣伝会議賞の真っただ中!

ということで3冊に終わりました





ゆーても実際は過去に読んだ本が1冊含まれているので2冊ですね

毎年10月はインプットよりアウトプット月間ですから!!


左上から時計まわりに

売るコピー39の型(翔泳社)

初版は2008年ですが今でも人気の書籍です

パッと見安っぽい本に見えますが、内容はけっこう充実

説明もかなり分かりやすかったです

巻末に実際にセミナーで生徒が出したコピーにアドバイスをしていくコーナーがあるんですが

今回の宣伝会議賞で考えている課題に近いものもあったので

自分の作品なら何て言われるか?ってイメージしながら読めました

薄くて軽いのもいいですね♪



超分類!キャッチコピーの表現辞典(誠文堂新光社)

これは昨年の宣伝会議賞の時期に購入した本です

今年も読んでアタマをコピー脳に近づけました(笑)

今までの宣伝会議賞の受賞作品を眺めていると

何やら法則というか、型みたいなものが浮かんでくるんですね

ぼんやりとですけど

そのぼんやりした型を自分なりに分離したメモがあったんですけど

この本の内容がそのメモとかなり一致していたんです!!

もちろんぼんやりとじゃなく明確に記されています

そうそう、こーいう本を探していたんだ!!

って初めて見た時にかなりテンションが上がりました(笑)

3次審査通過もこの本のおかげかな?

コピーを考える上でこの本はバイブル的な存在です

実際に広告で使わている実例コピーもたくさん掲載されているんですが

その中で“釣り具のイシグロ”ってメーカーのコピーが個人的にツボでした

Fotor_151091957703586~01「いい男は、街で遊ばない」

「釣り人は、ずっと魚に釣られている。」





相棒の池ちゃんと一緒によく琵琶湖に行きますが

釣れないときは釣りの途中で釣具屋によく行きます

「ちょっと釣り具やに釣られにいこーぜ!」って言いながら(笑)



やさしい仏像・一生モノの基礎知識(朝日新聞出版)

11月後半からスタートする専門学校の授業の中で

「仏像の見分け方」を教える予定なので

それに向けてのお勉強用(笑)

去年もちょっとやったんですが、全然生徒に伝わらなかったんですよね・・・

原因はハッキリしています

自分がよく理解していなかったから!!

なので昨年のリベンジとして今年はお寺&仏像のたしなみ方を必死にインプット中

きっと11月の読書一覧は仏像本でいっぱいになるだろーな(笑)