ツアー2日目

↓昨年はこんな感じでした
春日大社とおん祭ツアー2日目♪

昨晩(というか今朝)まで一緒だった他の皆さんは

「ホテルを11時出発」ってツアーが多かったようですが

我々はホテルを9時半に出発し、朝の春日大社へ(笑)

氷が張るほど冷え込みましたが、日差しが眩しくてシャキっと気持ちがいい♪
PC170052~01PC170080~01






本殿の参拝のあとは奥のほうにある若宮へ

17日はロープが張ってあるので若宮への参拝はできません

てかこの時間、若宮様はお旅所にいるので

若宮にお参りしても意味がなさそうです(笑)
PC170053~01PC170067~01






最近はこの若宮周辺にある摂社・末社をめぐる

“若宮15社めぐり”なるお参りが女性を中心に人気だそうですよ
PC170074~01PC170075~01







さて、春日大社の参拝のあとは登大路園地で行われる

“試しの儀(ためしのぎ)”の会場へ

受付でチケットとカイロを受け取り桟敷席へ
Fotor_15136462870239~01PC170081~01






このあたりは昨年とまったく一緒やね
PC170082~01PC170083~01






前座のイベントは11時15分くらいから

試しの儀は11時50分頃に始まります

周辺には足湯や温泉コーナーの振る舞いコーナーがありました
(桟敷席はチケットがあれば出入り自由です)
PC170085~01PC170087~01






いよいよ試しの儀が始まりました

今年も安定の逆光やね(笑)

観覧席でデモンストレーションを行った集団から一般道に出てお旅所へ向かいます

この行列が“お渡り式”です

PC170092~01PC170093~01






PC170096~01PC170098~01






PC170110~01PC170105~01






お渡り式の行列の中でも、いくつかの芸能集団は

参道にある“影向の松(ようごうのまつ)”の下で演技を披露します

これが“松の下式(まつのしたしき)”です

ここで昨日の優待ハガキを見せると特別拝観エリアに入場可能

立ち見ですが、南側なのでなかなかいい場所でした

(芸能集団は参道の南側を向いて演技をするので南側の桟敷席の方が500円高い)
Fotor_151364634275698~01Fotor_151364636375718~01






ちなみに右下の切り株が“影向の松”
(隣が二代目・影向の松)

Fotor_151364639626973~01Fotor_151364641102368~01






能舞台って、だいたい舞台の背景に松が描かれていると思いますが

そのモデルはこの春日大社の“影向の松”なのです

“芝居”ってコトバも、芝の舞台の上で芸能が披露される

“お旅所祭(おたびしょさい)”が由来だと言われています

さすが今年で882回目のお祭り

歴史を感じますね


さて、松の下式の途中ですが昼食のお時間です

今年も一の鳥居前にある老舗、“菊水楼”さんにお世話になりました
IMG_20171219_103024_170~01IMG_20171219_102827_670~01






添乗員は別メニューとはいえ

本館の個室を使わせていただき大変恐縮です・・・

このブリの照り焼き、実は先月も正倉院展ツアーの際にも頂いたんですが

めちゃくちゃ美味しい!!!!!!!!

ほんと菊水楼さんは、料理の味だけじゃなく接客も素晴らしくて毎回関心します

Fotor_151373914196142~01Fotor_151364868104881~01






このあと16時までフリータイム♪

17日は奈良国立博物館が入館無料なので、博物館に行かれた方が多かったですね
(嬉しいことに、仏像館も無料!)

迷子や遅れてくるお客様もいなかったので

予定より早めに京都駅に帰ってくることができました♪


20171216_171236~01あ、今回のお客様に9月に行った

唐招提寺のお月見ツアーでご一緒したお客様がご参加頂いていたんですよね




わざわざ東京から可愛いマカロンを買ってきてくれました

さすが東京、見た目だけじゃなく味もめちゃ美味しかったです♪

次回は3月の「お水送りツアー」でお待ちしておりまーす(笑)