久々の休日を利用して京都市右京区にある

“妙心寺(みょうしんじ)”へ行ってきました

京都駅からは市バスで35分ほどかかるので

正直、東山界隈に比べて訪れる観光客は少ないんですが

妙心寺は臨済宗妙心寺派の大本山なのです!
(あんまりありがたみが伝わりませんね)

広大な敷地には45もの塔頭(たっちゅう)があるそうです
(甲子園8個分の広さなんだとか)

※塔頭・・・メインのお寺の境内にある小規模なお寺


こういう敷地が広いお寺って

例えば東福寺とかもそうだけど、あまりに広すぎて

何をもって妙心寺なのか?

何を見たら東福寺を見たことになるのか?

よくわからないから苦手です(笑)

料理で例えるなら「おでん」

“おでん”って何の具をもって「おでん」って呼ぶの?みたいな

だからおでんも苦手です


まぁそんな話しは置いといて

まず仕事で行った時を想定して観光バスの駐車場からチェック

花園会館ってホテルの横に駐車場があって

駐車場を出て右に進むと妙心寺の南総門があります

P3063950~01P3063948~01






門をくぐると受付みたいな小屋がありますが

ここは守衛さんの控え小屋みたいなもの

境内に入ること自体にはお金はいりません

でも境内にはいくつか有料施設があるので

その場その場で精算するシステムです
P3063952~01P3063976~01






お寺の建物群を総称して“伽藍(がらん)”と言いますが

ここ妙心寺は七堂伽藍(しちどうがらん)といって

寺院に必要な建物がフル装備で残っている貴重なお寺なんです

ちなみに今でも

「この部屋、広すぎてがら〜んとしてるね・・・」

みたいな時に使う“がら〜ん”

この“伽藍”が語源と言われています


南総門から入ると

三門→仏殿→法堂→大方丈

って直線状に綺麗に並んでいる姿は壮観!!

ちなみに仏殿は本尊が祀られているお堂で

“本堂”“金堂”のこと

法堂(はっとう)はセミナー会場みたいな広いお堂で

“講堂”のことです

禅寺は一般的なお寺と呼び方が違うのでややこしいね・・・

P3063955~01P3063957~01






現在、京都では

第52回 冬の京の旅・非公開文化財特別公開

が開催中で、この妙心寺では

「三門」「東海庵」ってお庭が公開中
(料金は各600円)

お庭はあまり興味がないので

今回は“三門”に上がってみました
P3063941~01P3063942~01






階段がめっちゃ急なので足元注意です
(女性はスカートは不向きかと・・・)

上から眺める景色はサイコー!

って感じではないですが

ここは門の内部に納められている仏像や

400年前の極彩色豊かなの装飾画が素晴らしいんです!

観音菩薩の両サイドに8体づつ配置された十六羅漢も個性的♪

※十六羅漢・・・釈迦の弟子の中でもアイドル級に有名なメンバー

20分ほどボランティアガイドさんが説明をしてくれたんですが

このお話しがめちゃくちゃ面白くて感激しました(涙)

お話しだけでも600円払った価値はあったね
(交代制なので当たりハズレもあると思いますが・・・)


仏像が安置されている内部は撮影NGですが

外の景色や階段は撮影OKとのことでした

P3063947~01P3063944~01






ちなみにお寺の「さんもん」には“山門”“三門”がありますが

“山門”はかつて中国のお寺が山に建っていたことの名残で
(山はないのに“山号”とか呼ぶのもそうですね)

“三門”“三解脱門(さんげだつもん)”の略

解脱に至るまでの3つの門

【空・無相・無願(無作)】を意味しているそうです



意外と記事が長くなったので【後編】へ・・・