先日の京都連泊のオプショナルツアーが午後からだったので

午前中に東山花灯路の会場あたりを歩いてみました

南北約5キロにわたる東山花灯路

高台寺を中心に、南は清水寺

北は円山公園か、行って知恩院までが一般的かな?

でも知恩院よりまだ北に有名なスポットがあるんですよね

その名は“青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)”

これまで名前は聞いたことがあるけど行ったことがなかったので

これを機会に入ってみました♪



たまに“○○門跡”とか“門跡寺院”ってコトバを耳にしますが

門跡(もんぜき/もんせき)とは皇室や摂関家が住職を務めていたお寺

京都にはたくさんの門跡寺院があって

中でも“五ヶ室(しつ)”と呼ばれる天台宗の門跡寺院が有名だそうです
(妙法院門跡・三千院門跡・青蓮院門跡・曼殊院門跡・毘沙門堂門跡)

P3120072~01P3120075~01






まず受付で靴を脱いで“華頂殿(かちょうでん)”から拝観スタート

ここから眺める庭園も見事ですが

“キーヤン”こと“木村英輝(ひでき)氏”が描いた襖絵が目を奪います

この人の描いた絵、ダイナミックで好きだな〜

現代の歌川国芳って感じですよね(笑)

大阪出身ですが京都の美術大学を卒業しているので

京都市内にはキーヤンのパブリックアートがたくさん点在しています

関空2階のトイレにもキーヤンの作品が描かれていますよね

庚申堂の横にある“峯嵐堂(ほうらんどう)”って豆菓子屋さんにもサルの絵が描かれていました

P3120076~01P3120081~01






P3120079~01P3120082~01






P3120083~01P3120085~01






話しが反れてしまいましたが・・・

境内は華頂殿以外にも“本堂”や門跡寺院特有の“宸殿(しんでん)”など見どころ満載

“大玄関”に陳列されている孝明天皇の輿(こし)も必見です
P3120088~01P3120086~01






建物内をぐるっと見たら、再び靴を履いて庭園へ降りてみましょう

庭園を見学してから出口へ抜ける導線になっていました
P3120090~01P3120092~01






青蓮院門跡は“青不動”と呼ばれる国宝の「不動明王二童子像」も有名

不動明王と言っても仏像ではなく

“絹本礼拝(けんぽんらいはい)画像”と呼ばれる絵画です

※絹本(けんぽん)・・・絹の布に描いた書画

ただ、現在は平成26年に将軍塚にできた“青龍殿”って施設の奥殿に安置しているそうです
(一般公開されているのは複製)


あと道路沿いに4本、境内に1本ある大楠(おおくす)も見事だったな
(この5本は京都市指定の登録天然記念物)

是非下から見上げて見てください!

P3120068~01P3120069~01






P3120093~01P3120095~01







さて、小腹が減ったので帰りに錦小路へ

フラッと入った“京のじどり屋 晃(あき)”でランチを頂きました

小鉢・漬物・赤だしがセットになった親子丼定食(1050円)

P3120104~0120180312_130430~01






めちゃつゆだくで親子丼というよりおじやっぽかったですが

じられないくらい鶏肉が柔らかくて美味しかったです♪


“青蓮院”は通常拝観は500円ですが夜間拝観は800円

ちょっと遠いし、ちょっと拝観料も高いけど

大小1000の照明器具でライトアップされるそうですよ

絶対幻想的やろな〜・・・