さぁ元祖みたらしを食べたら次のスポットへ向かいましょう!

賀茂川にかかる出雲路橋を渡り鞍馬口通を西に進むと気にあるお寺を発見

なになに

“上善寺”?
(じょうぜんじ)

今回のコースには取り上げられていませんが

京都検定公式テキストには載っていました

境内の地蔵堂に面白いエピソードの地蔵菩薩像があったんですよね

あの閻魔大王に仕えていたという噂の小野篁(おののたかむら)

彼が一度死にかけたときに冥土で生身の地蔵菩薩に出会いました

で、甦ったあとにその出会った地蔵菩薩の木造像を造ったそうです

それがここに安置されている地蔵菩薩像なんだとか

小野篁ってオカルトちっくなエピソードが多いですね(笑)

ちなみに“鞍馬口地蔵”と呼ばれるこのお地蔵さまは

京都六地蔵めぐりの一つだそうです
P4260078~01P4260077~01






さらに鞍馬口通を西に進むとどこかで見覚えのある竜宮門が・・・

あ、前にツアーで普茶料理を食べた

“閑臥庵”
(かんがあん)

京の奥座敷「もみぢ家」ツアー2日目・後半♪
(2016年11月15日)

ちなみに京都検定公式テキストにも載っています

通称は“鎮宅さん”って呼ぶそうです
P4260081~01







ようやく次のスポットに到着(汗)

上御霊神社
(かみごりょうじんじゃ)

平安時代に非業の死を遂げた人が怨霊となって祟りを起こす

だから祟りを起こさないよう大切に祀りましょう

っていう“御霊信仰”というのが流行ったんですね

この“上御霊神社”には早良親王(さわらしんのう)など八柱を祀ることから

別名“八所御霊”とも呼ばれているそうです

平安京を造った桓武天皇はこの御霊にめっちゃ怯えてた人のひとり

なので平安京の周囲にはたくさん怨霊を祀る神社を配置しました

代表的なものだと八坂神社や天満宮なんかがそうです
P4260083~01P4260084~01






この上御霊神社は応仁の乱発祥の地としても有名で

境内には石碑が建っています

石碑の文字は応仁の乱の東軍総大将

細川勝元の末裔

元首相の細川護煕氏によるものです
P4260087~01P4260085~01






由来がちょっと怖そうな神社ですが

周囲のお堀にはカキツバタ

境内にはツツジが満開で綺麗でした♪
P4260088~01P4260090~01







さぁお次のスポットへ向かうため烏丸通に出てきましたよ

お腹が空いたのでランチにしようと思ったけど

このエリアは同志社大学があるのでどこのお店も学生でいっぱい(泣)

P4260094~01P4260095~01






そんな中、店内がガラガラなお店を発見

“京楽食堂”

なかなか京都らしくていい名前やん♪(笑)
P4260098~01P4260097~01






こちらでカルビ丼(750円)をオーダー

全然期待していなかったんですけど

結構美味しかった(笑)

20180426_130613~01






特に味噌汁に入っていたワカメ

なかなかええワカメ使ってはりましたわ(笑)