まずはこちらの写真をご覧ください
P5030057~01P5030065~01






P5030070~01P5030094~01






P5030071~01P5030067~01








自然がいっぱいで素敵なお庭ですよね

どこか地方の山の中にでも行ってきたかのようですが

実はこのお庭は京都市内

それも南禅寺や平安神宮からもでも歩いていける場所なんです

ここはどこかというと

山縣有朋の別荘“無鄰菴(むりんあん)”

山縣有朋ゆーたら、元長州藩士で明治の元老

あの吉田松陰の門下生

萩の城下町の公園に馬に乗った銅像があるでしょ

あの、山縣のありちゃんです

日露戦争開戦前に開かれた“無鄰菴会議”が開かれた場所としても有名ですよね
(下の写真は会議が開かれた無鄰菴の園内にある洋館)

P5030079~01P5030078~01







実は先日、この無鄰菴で

ゴールデンウィーク特別企画

日本庭園入門ガイド「庭園めぐり」

ってイベントがあったので参加してきました
Fotor_152539369235036~01P5030028~01






1回20名定員で3日と4日に1日3回実施

前日に急遽申し込んだんですが、なんとかギリギリセーフ♪

このイベントは無鄰菴の学芸員(庭園コンシェルジュ)と一緒に

日本庭園のたしなみ方を教わる初心者向けの講座です

料金はおひとり2000円(入園料とお抹茶付き)
P5030032~01P5030037~01






今回参加した回は16名が参加

どうしてもこういう場所では一番最後を歩いてしまうのは職業病でしょうか・・・

移動の際、思わずガイドさん

いや学芸員さんに

「オッケーでーす!」とか言いそうになったわ(笑)
P5030039~01P5030034~01






約1時間庭園を案内してもらいながら日本庭園のたしなみポイントを伝授してもらい

後半は通常拝観では入れない母屋の2階でお抹茶を戴きました

この内容で2000円はお得だわ

普通に入園料(410円)払って

お抹茶(600円)飲んだら1000円はしますしね♪
P5030046~01Fotor_152539371164245~01







さて、これで終わったらただの日記になってしまうので

ブログな添乗員らしく添乗員がツアーで使えるネタも少し記載しておきます

でもあまり詳しく書くと無鄰菴さんの営業妨害になりかねないので

サラっとね・・・



まずこの庭をプロデュースしたのは山縣有朋自身ですが

実際に造ったのは七代目小川治右衛門

造園界では通称:植治と呼ばれていて、めちゃ有名な方です


この無鄰菴は小川治右衛門のテクニックと

山縣有朋のこだわりが詰まった庭園なんですね

そのこだわりを大きく3つ挙げると

‥貉海鮗膸海砲靴燭ぁ
▲灰韻犬磴覆芝生がいい!
Nれる水が欲しい!


こんな感じ(笑)

,歪躅爐慮こうに東山を景観を取り入れた借景(しゃっけい)というテクニックを採用

さらに手前を高く、奥を低くすることによって狭い敷地に奥行感を与えています

△歪名鐺本庭園はコケが多いですが、ありちゃんはコケがあまり好きじゃなかったようです
(勝手に自生したコケも50種類ほどあるそうです)

H琶湖から流れてきている疎水の水と、もとからこの地に流れる草川の流れを庭園に取り込んでいます

夏になるとあえてワイルドに芝生が生い茂るようで

このようなワイルドな庭園を“自然景観式庭園”と呼ぶそうです

P5030058~01P5030061~01







あと無鄰菴以外でも使えそうなネタとしてキーワードを3つ

〇訶西譟覆靴討鵑弌

庭園が一番綺麗に見える場所

もしくは造った人が一番見せたいと思っている風景が見られる場所です

無鄰菴でいえば写真右下の丸い石(伽藍石)が視点場

伽藍石・・・かつてお寺の基礎として使われた石

無鄰菴では伽藍石までの飛び石をいびつな形にして

わざと歩きにくくしているそうです

それはなぜか?

訪れた人の心境を想像してみましょう

なんだこの飛び石?歩きにくいなー(下ばかり見て歩く)

おや、こんなところに丸くて安定した石が!

ホッとして立ち止まり顔を上げる・・・

おぉ!なんだこの素晴らしい庭園は!!(植治とありちゃん天国からガッツポーズ)

こんな感じ(笑)

飛び石の配置にこんなギミックが隠されていたとは!!
(こんなん説明聞かんと絶対気づかんわ!)
Fotor_152539373951661~01Fotor_15253937260282~01






▲汽Ε鵐疋好院璽

サウンドスケープとは「音の風景」

庭園は五感で感じるもので、庭園に流れる自然の音も庭園をたしなむ重要な要素なんだとか

無鄰菴でいえば、滝の手前で立ち止まってみる

そうすると片方の耳からは滝が落ちる大きめな音が

もう片方からは違った優しい音が聞こえてきます

庭園って見るだけじゃなく聴く楽しみもあるんですね
(こんなん説明聞かんと絶対気づかんわ!)
P5030066~01






8返りの景(けい)

よく観光地などで、ふと後ろを振り向くと綺麗な景色だったりするじゃないですか

実は庭園を造る際、振り向いた時に綺麗に見えるよう意図的に設計をしていることがあるんだとか

無鄰菴でいえば、池の奥から母屋側を見ると池に風景が反射して綺麗に見えます

P5030064~01






〇訶西譟´▲汽Ε鵐疋好院璽廖´8返りの景

この3つを意識するだけでも庭園の楽しみ方がガラっと変わりそうですよね♪

P5030080~01P5030093~01






しかしゴールデンウィーク真っただ中の京都にいるとは思えんほど

まったりと優雅な時間だったな〜


神社→仏像の次は庭園の勉強でもするかな?(笑)