京都検定のフィールドワーク、京都散歩の5本目です

今回はコース45

【東福寺・泉涌寺】
〜京都随一の紅葉名所と風格漂う御寺〜

スタート地点は市バスの“泉涌寺道バス停”ですが

京阪電車の東福寺駅から徒歩で向かいました

京都第一赤十字病院の前を通りスタート地点を目指します

ちなみにこの病院は

あの「ブログな添乗員」でお馴染み

フナッシュさんの生誕地なので覚えておきましょう(笑)
(京都検定には出ないと思います)

P5210001~01P5210005~01






ちょうどお昼時だったので教科書(京都散歩)にも掲載されている

鱧料理の老舗“魚市(おういち)”でランチタイム♪

Fotor_152699468497132~01Fotor_152699464061581~01






鱧丼ってメニューもありまたが、鱧はあんまり好きじゃないので

“魚市のお昼ごはん(972円)”って日替わり定食を頂きました

出てきた料理がこちら

20180521_125159~0120180521_125205~01







ちょっと前の自分なら発狂しそうな内容ですが

最近はこういう料理が落ち着くわ〜♪
(歳をとると嗜好もずいぶん変わりますね)

おかみさんが料理を運んでくるときにひとこと

「この魚はヤマメの炊いたんね」って教えてくれました

「ヤマメの煮物」じゃなくて「ヤマメの炊いたん

このへんが京都らしくてグッときます(笑)



東大路通から泉涌寺へ向かうまでの参道である泉涌寺道

ここには泉涌寺の塔頭である個性的なお寺が並んでいます

コース45の最初のスポットもそんな塔頭のひとつです

‖╂院
(そくじょいういん)

泉涌寺の総門の脇にある小さなお寺なんですが

ここだけでひとつの記事を書きたいほど見所満載でした!

P5210011~01P5210012~01






那須与一の墓があるので平家物語ファンなら有名なのかも?
P5210022~01P5210015~01






手水舎の前に“願いが的へ”って書かれた箱があったので扉を開けると

中にはガチャポンマシーンが!(笑)

カプセルには扇型の紙石鹸とおみくじが入っているそうです
(200円)

P5210013~01P5210014~01






まんま犬な狛犬もユニークですね
(ちゃんと阿吽のペアです)
P5210019~01P5210016~01






この即成寺は仏できる寺と書くので

ぽっくり寺としても有名ですが

本尊の阿弥陀如来&二十五菩薩がめちゃくちゃ素敵なんです!!

個人的には二十五菩薩の中に混じっている如意輪観音が特におススメ

如意輪観音好きにはかなりツボな仏像です♪

※みうらじゅん氏の「グッとくる仏像」って本の表紙にもなっている仏像です

即成院さんは堂内でオーケストラのコンサートを行ったり

旅行会社や各種メディアとタイアップをして色んなイベントを盛んに行っているようで

なんとグーグルのストリートビューで堂内まで見ることができるんです!(笑)

しかも阿弥陀如来の目線から堂内が見られるのがスゴイ!

即成院ストリートビュー


あと、二十五菩薩といえば當麻寺の練り供養を思い出しますが
當麻寺と葵祭ツアー2018♪【1日目】

このお寺でも10月に“二十五菩薩お練り法要”が行われるそうですよ

いきなり最初のスポットからお腹いっぱいといった感じですが

次も見た目によらず凄かった・・・


戒光寺
(かいこうじ)

P5210023~01P5210024~01






一見どこにでもありそうなお寺ですが

ここにはスゴ過ぎる釈迦如来像が待っておりました

なにがスゴいって?

スゴいポイントその ΑΑΕ妊い!

像だけで5.4m

台座を含めると、なんと約10mの巨大な仏像なんです!

スゴいポイントその◆ΑΑΕ潺好謄螢▲后

後水尾天皇の暗殺の身代わりになったという話しがありまして

なんと首にその時の血の跡がシミとして今も残っているのです!

仏像の光背もなんだか迫ってくるような迫力があって

神々しいというよりなんだか不気味

色んな意味でちょっとホラーです・・・

スゴいポイントその・・・仏師がスゴい!

この仏像を造ったのは、なんとあの運慶・湛慶親子の合作!

運慶展に出展していたら間違いなくスターになっていただろーなー

こんなところに運慶ゆかりの作品があったとは!

最後に

スゴいポイントその・・・タダ!!

なんとこちらの戒光寺さん

お寺には珍しく入山料無料!

こんなスゴすぎる仏像を無料で礼拝できるなんて感謝(涙)

お越しの際は堂内にある線香とロウソク(各50円)は

入山料だと思ってお供えしましょうね
(それでも安い入山料ですが)

即成院→戒光寺と東へ進むと次に現れるのが


今熊野観音寺
(いまくまのかんのんじ)

本尊は秘仏ですが弘法大師作と伝えられる十一面観音

平清盛とバトルを繰り広げた後白河上皇の頭痛を封じたことで

頭痛封じと知恵を授けてくれる観音様として信仰を集めているそうです

もちろん今熊野の“熊野”は、あの和歌山の“熊野”からきています

平家物語の登場人物はやたら熊野権現が好き(笑)

P5210025~01P5210028~01






P5210033~01P5210035~01






P5210036~01P5210039~01






この今熊野観音寺は西国33ヶ所第15番札所でもあります

その時点でちょっと興味が失せてしまうのは職業病ですが

新緑がとっても綺麗で気持ちのいいお寺でした♪
(撮影日は5月21日です)