今宮神社の参拝が済んだら南側にある楼門から出ます

朱塗りの立派な門ですね
P8150072~01






そのまま南に下って北大路通を渡ると

“建勲神社北参道”に出ます

P8150119~01






ここからは“船岡山(ふなおかやま)”を登ります

標高112mなので、山というより小高い丘って感じですね


かつての平安京は“四神相応の地”と言われ

北は玄武、南は朱雀、西は白虎、東は青龍

に守られていたんですが

(↑京都検定にほぼ毎年出るネタ!)

この船岡山は北の玄武にあたる地です
P8150123~01P8150121~01






その船岡山の中腹にお次のスポットが待っていました

Ψ勲神社

正式な呼び名は「たけいさおじんじゃ」ですが

一般的には「けんくんじんじゃ」と呼ばれています

織田信長、信忠親子を祀る神社です

創建は明治3年なので比較的新しい神社ですね

P8150124~01P8150134~01






狛犬の台座にもしっかり織田家の家紋が入っていました
P8150125~01P8150127~01






彫りの深い狛犬は阿吽で耳の形が違うんですね

どこから不審者が来てもすぐに分かるように

前方にも横にも耳を立てているってことなのかな?

オレ前見張るからオマエ横な!みたいな
(あくまで想像です)
P8150132~01P8150133~01






こちらが拝殿&本殿

ちなみにこの建勲神社を造ろうぜ!

って言いだしたのは明治天皇だそうです
P8150130~01P8150131~01






神社自体はいたってシンプル

参拝を終えたらさらに奥へ進んで山頂を目指しましょう!
P8150137~01






Яゲ山公園

船岡山の山頂に広がる公園です

標高112mとはいえ市街地がけっこう綺麗に見渡せます

五山送り火のひとつ、左大文字も見えますね
P8150144~01P8150139~01






P8150141~01P8150142~01






山頂から少し下ったところにも公園があって、ここからは

大文字、妙・法、舟形が見えます

てことで、船岡山は五山送り火のうち鳥居形以外の4つが見えるってことですね
P8150152~01P8150150






あとこの一帯は応仁の乱で西軍が城を気づいて立て籠もった場所でもあるそうです
P8150145~01






さて、これにてコース30は終了

ゴールは船岡山バス停
P8150154~01






ここからは京都駅へ戻ることもできますし

下鴨神社、銀閣寺、河原町、祇園

と色んな方面へ向かうこともできます


今回の京都散歩はお盆の墓参りを兼ねてだったので

清水道バス停で下車して大谷墓地へ向かいました

しかし大谷墓地ってほんと広すぎ!!

何度行っても、ご先祖様のお墓には

ダイレクトに辿り着けないのでした・・・(泣)
20180815_161958~01