ツアー2日目は“龍飛岬”

この日は龍飛岬らしからぬ天気で風もなく快晴でした

空に広がる波状雲がなんとも秋っぽいですよね
P9130052~01P9130046~01






青と白のボーダー柄

秋北バスさんのカラーとシンクロしてて面白い(笑)
P9130051~01P9130054~01






P9130056~01P9130061~01






このあと金木(かなぎ)駅から津軽鉄道に乗車
P9130062~01






五所川原行きは線路を渡って向かい側のホームです
Fotor_153685274237719~01P9130064~01






乗車時間は15分ほどでしたが

アテンダントさんの案内や車内販売などがあり

楽しいローカル列車の旅でした
P9130065~01Fotor_153684522212953~01






五所川原駅の出口は階段を渡って向かい側

移動は階段だけなのでちょっと不便・・・

出口はJRと津軽鉄道は別なのでご注意を
(津軽鉄道は手前を右へ)
Fotor_153684523776189~01P9130076~01






このあとちょっと遅めのランチタイム

今回は“立佞武多(たちねぷた)の館”さんでオプショナル昼食でした
Fotor_15368878041225520180913_133542~01






食後は各自で展示室の見学

この立佞武多の館

ほんと迫力満点でお客様の評判もいいんですよね

一度本物のねぷた祭りが見てみたいです
P9130098~01P9130095~01






さてさて、添乗員さんはランチに

“しじみラーメン(900円)”を食べたんですが

しじみが半端なく大量に入っていてビックリした

食べても食べてもなくらない・・・

仕舞に手がつってくるわ

麺は伸びるわで大変でした

20180913_135555~01






見て!このしじみの殻の量!(笑)
20180913_142137~01






しじみ汁もそうだけど

シジミって中身を取り出すのに結構手間がかかりますよね

なんか効率のいいやり方はないのか?

色々と模索してみました

爪楊枝を使ってみたけど

うまく取れない・・・

最終的に編み出した技は

レンゲの一番細い部分にシジミを追い詰めて

お箸で上に押し上げるのが一番取りやすかったです!

貝の開閉部分は下

中身を押し上げる方向は上です

一度お試しあれ♪(笑)
Fotor_153684535038789~01






ようやくシジミ剝きの奥義を編み出した頃

レストランにお客様は1人もおりませんでした・・

立佞武多の館を最後にバスは青森空港へ

なんやかんやで行程もそれどほ急ぐことなく

なんとも穏やかにツアーが終わろうとしていたのでした・・・









が、しかし!!!