さて、合槌稲荷神社で変にテンションが上がってしまいましたが

本来の目的地

粟田(あわた)神社

へ向かいましょう

粟田神社の御祭神は

■素戔嗚尊(すさのおのみこと)→荒ぶる神、八坂神社の神様
■大己貴命(おおなむちのみこと)→オオクニヌシのこと
■八大王子命(はちだいおうじのみこと)→スサノオの子ども
■奇稲田比賣命(くしいなだひめのみこと)→スサノオの奥さん
■神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)→ダレ?
→スサノオの2番目の奥さんらしくウカノミタマのお母さんに当たるそうです
■佐須良比賣命(さすらひめのみこと)→ダレ?

粟田神社では10月に“粟田祭(あわたまつり)”なるお祭りが開催されるんですが

かつて室町時代、祇園祭が中止になった際は

この粟田祭を代替えイベントとしていたほど重要なお祭りだったそうです
P9230192~01P9230197~01






こちらも三条通りに面しているんですが

神社の社殿はけっこう奥まった場所にあります
P9230194~01P9230196~01






最後の坂道を頑張って進むと、ようやく境内が見えてきました
P9230198~01P9230199~01






P9230207~01P9230202~01






社殿が純粋にカッコいいね!(笑)

彫り物も見事
P9230203~01P9230204~01






本殿横の末社は人が近づくとセンサーで提灯が灯るシステムらしく

いきなり明るくなったしビビった(笑)
P9230205~01P9230206~01






粟田神社の境内にはやたら若い女性が目立つんですが

それは“刀剣乱舞”ってゲームの影響なんだとか

よく知らないけど、名刀を擬人化したゲームなんでしょ?

粟田神社はその刀剣乱舞のファン

いわゆる“刀剣女子”の聖地とも呼ばれているそうです


絵馬を見るとやたら“刀ミュ”なる単語が散りばめられていたんですが

これは“剣乱舞のミュージカル”の略語なんだとか・・・(汗)

今年は実写版の映画まで予定されているほどの人気っぷり

こりゃ京都検定でも刀剣乱舞絡みの問題が出るかもね(笑)


粟田神社の社務所では

“刀剣御朱印めぐり”なるものまで用意されていました

でも粟田神社は京都の街道の出入り口

“京の七口”のひとつ“粟田口”にあることから

旅行の安全を祈願する神社

粟田神社自体はあまり刀剣とは結びつきませんが

境内にあるこちらの神社が関係しているんです

“鍛冶(かじ)神社”

御祭神は

■天目一箇神(あめのまひとつのかみ)→製鉄や鍛冶の神さま
■三条小鍛冶宗近→平安時代の刀匠
■粟田口吉光→鎌倉時代の刀匠

P9230208~01Fotor_153791110283999~01






この天目一箇神ってかなりレアな神さまなんですよね!

日本書記に登場する名前で古事記には出てきませんが

古事記に登場する「天津麻羅(あまつまら)」と同一神と言われています

天岩戸隠れのシーンで祭祀に使う道具を造った神様で

天孫降臨メンバーの一人でもあります

名前の通り一つ目で妖怪っぽく描かれることが多いんですよね

とっても謎多きミステリアスな神さま

なかなか祀られている神社は少ないので

神話好きはテンションが上がります(笑)


ちなみにギリシア神話に登場する鍛冶の神様

“キュクロプス”も一つ目として描かれているそうです

神社もなんだかミステリアスな雰囲気が漂っておりました・・・
P9230209~01P9230211~01






最初は日向大神宮の天岩戸を見に行くのがメインでしたが

なんやかんやで京都検定の常連スポットをたくさんまわれて満足満足♪


この日の雲も秋らしかったな〜

秋の空は絵になります♪

ちなみに右下の巨木は

“青蓮院(しょうれいいん)”の門前のクスノキ

こちらも京都検定の常連さんです(笑)

ちなみに去年の3級では

問20
天台宗三門跡の一つとして知られ、門前に巨大なクスノキがあり、
通称青不動(国宝)を所蔵する寺院はどこか。
【ア】三千院 【イ】曼殊院 【ウ】青蓮院 【エ】妙法院

(正解:青蓮院)

Fotor_153770454790611~01Fotor_153791118223281






このあと四条大橋を渡って河原町方面に向かったんですが

鴨川を見てビックリ!

P9230219~01






三条あたりまで繋がってるんですけどー!!

どこからどこが本当のカップル?

って感じ!!(笑)

等間隔で座る法則はどこへやら・・・