さてさて、二条城でコース1を終了し

金ぴか神社を見たあとは烏丸通を南へ下りました

地下鉄「四条駅」

ここがコース9のスタート地点です
PB080168~01






【佛光寺・四条通・錦市場】
〜伝統工芸の老舗も多くみられる京の中心街〜

コース内容はいたってシンプル

{埜寺
京都市学校歴史博物館
6單桂宮


3ヶ所だけなんですが

その前にコース外ですが絶対に外せない場所に行ってきました

“平等寺(因幡薬師)”

ここ、京都検定にめっちゃ出てくるんですよね〜

ガン封じの信仰が篤いお寺です
PB080175~01






ここのご本尊の薬師如来

善光寺(長野県)の阿弥陀如来

清凉寺(京都府)の釈迦如来と並んで

日本三大如来に数えられています

毎月8日に手づくり市が開催されるそうで

ちょうどこの日も8日でしたが、夕方なので市が終わったあとでした
PB080170~01PB080174~01






{埜寺
(ぶっこうじ)

親鸞ゆかりの浄土真宗のお寺です

本堂にある真宗七高僧像が有名
PB080181~01Fotor_15416754473985~01






境内にオシャレなレストランや雑貨屋さんがあって

ちょっと他の寺院とは異なる印象ですね
PB080178~01PB080180~01






佛光寺がある仏光寺通を東へ進んだ場所にあるのが

京都市学校歴史博物館

京都の学校教育の歴史を学べる施設です

ここもマンガミュージアムと同様に明治に建てられた小学校を再利用

もとは開智小学校
(下京第11番組小学校)

受付が16時半までだったので間に合いませんでした・・・

PB080183~01Fotor_15416889851784






このあと鴨川にかかる“松原橋”を渡ります

写真右下の立派な建物は鮒鶴京都鴨川リゾート

もとは“鮒鶴”って老舗の旅館で

現在は結婚式などでよく利用される高級フレンチレストラン

学生時代にバイトの面接で落とされた苦い思い出が甦ります(笑)
PB080186~01PB080188~01






松原橋を渡って鴨川の東側に広がるのは“宮川町”

京都五花街のひとつです
PB080193~01PB080195~01






写真右下が“宮川町歌舞練場”

毎年4月初旬に開催される“京おどり”の会場です

五花街でもここだけどり”ではなく

どり”と書くのがポイント

流派は“若柳(わかやぎ)”流

秋の発表会は“みずゑ会”
PB080200~01Fotor_154168900746369






宮川町を歩いたあとは“団栗橋”を渡って再び鴨川の西側へ

“団栗”って読めました?

これで「どんぐり」って読みます

1788年1月30日に発生した“天明の大火”はこの橋の東側から出火したので

通称「どんぐり焼け」とも呼ばれています

鴨川を越えたその火の勢いは凄まじく

御所を含め京都市街の8割が灰になったそうです・・・
PB080201~01






この火事のあと江戸幕府の老中、松平定信

裏松固禅(うらまつこぜん)「大内裏図考証」をもとに再建したのが現在の京都御所です

↑うんちくが若干くどいですが、京都検定によく出てくるワードなのです♪

さて、このあとコースでは錦市場を通るんですが

さすがにもう時間も遅いので“新京極”を歩きました

修学旅行のメッカとなっているアーケード街ですね

明治の東京遷都のあと元気のなかった京都

そんな京都に活気を取り戻そう!と作った通りです

提案したのは二代目の京都知事

元長州藩士の槇村正直(まきむらまさなお)

都をどり開催のきっかけを作ったのも彼だという話しが残っています

PB080208~01PB080209~01






その新京極通にコース9最後のスポットがあります

6單桂宮

天満宮なので御祭神はもちろん菅原のミッチー

錦市場がある錦小路の突き当りにあるので“錦天満宮”

ここの鳥居はビルにめり込んでいるということで

京都の珍スポットのひとつでもあります(笑)
PB220121~01






PB220119~01PB220118~01






PB080215~01PB080214~01






狭い境内ですが、ロボット紙芝居や

ロボットの獅子舞が占うおみくじなど

やたらキテレツなギミック満載な神社なのでした(笑)

(大学時代に機械工学を学んだ宮司さんの自作だそうです)
20181108_181445~01Fotor_15416891230479






さてさて、これにてコース9は終了ですが

この新京極通には他にも歴史ある社寺が点在しているので最後にご紹介します

代表的なのは

“蛸薬師堂(永福寺)”

永福寺(えいふくじ)に住む善光という親孝行の僧と

蛸を巻物に変えた薬師如来のエピソードが残るので“蛸薬師堂”

既に閉まってた・・・
PB080218~01PB080219~01






“誠心院”
(せんしんいん)

別名は“和泉式部寺(いずみしきぶでら)”

平安時代の女流歌人

境内に高さ4mの和泉式部の供養塔があります

和泉式部とその娘

小式部内侍(こしきぶのないし)の顔出しパネルがお茶目なお寺です(笑)

PB080220~01PB080221~01






“誓願寺”
(せいがんじ)

このお寺の55世・安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)

「醒睡笑(せいすいしょう)」という笑い話し集を書いたことで

“落語の祖”と呼ばれています

門前にある「迷子の道しるべ(月下氷人石)」も有名
(昔の伝言板みたいなもの)
PB080225~01







“染殿地蔵”
(そめどのじぞう)

アーケードの一番南にある小さいお寺です

正式名称は“染殿院”

別名は“四条京極釈迦堂”

安産祈願の岩田帯でも有名

PC070174~01PC070173~01







さて、これにて壬生からスタートしたコース2

そして四条界隈のコース9を1日で歩ききりました!!

Fotor_154168944074892






今回も万歩計は3万歩を越えていたね

よく歩いた1日でした