さて、京都御苑でコースに2を終了したあとは

地下鉄で堀川通を北上!

と思ったけど

天気が良かったので歩いて北上しました♪

本日2本目はコース11

西陣
〜サブタイトルなし(笑)〜

なんですかね、このやる気のないタイトルは・・・

コース内容は

)榾〇
白峯神宮
西陣織会館
だ果誠声
タダ館
εH潅和◆弊仭寺)
Ю號椶颪鵑淨押憤接寺)

タイトルはシンプルなのに、けっこうなボリュームです・・・

スタート地点は“堀川寺ノ内バス停”
PB100127~01PB100128~01






堀川通の紅葉もけっこう色づいてきましたね

最初のスポットの前に京都検定でも常連の神社があったので先に向かってみました
PB100129~01PB100180~01






“水火天満宮”
(すいかてんまんぐう)

思わず“火水天満宮”

って言ってしまいそうな名称ですね(笑)

扇町(天神)公園の脇にある小さな神社です
PB100181~01PB100185~01






天満宮なので御祭神は菅原のミッチー
(もう面倒だから“スーさん”て呼ぼうか・・・)

スーさんの怨念で鴨川が氾濫した際

延暦寺の偉いお坊さんが祈祷したんですが

その際にスーさんが石の上に出現

そのあと氾濫が鎮まったんだとか

その時に持ち帰った石が境内に置かれている

“登天石(とうてんいし)”

隣の“出世石”は昭和に入ってから寄与されたものなんだとか
PB100186~01PB100187~01






さて、寄り道はこれくらいにして

いい加減コース11の軌道に乗って進みましょう

)榾〇
(ほんぽうじ)

あの本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)と

あの長谷川等伯(はせがわとうはく)ゆかり

という京都検定的にとっても美味しいお寺です

まず長谷川等伯の「佛涅槃図」
(京都三大涅槃図のひとつ)

2つの庭園は押さえておきたいですね
PB100136~01PB100140~01






“十(つなし)の庭”

十と書いて「つなし」

これ九州のバスガイドさんがよく車内でネタにする

珍しい苗字クイズと一緒の読み方やん!

庭園にはつの石が配置されています

十の庭なのに???

あと一つはどこにあるかというと

残りの石はあなたの心の中にあるのです!

誰の心にもあるではないですか

もうひとつの“いし(意思)”が!

というスピリチュアルなお庭なのです

なんで十と書いて「つなし」と読むかは各自でお考えください(笑)
PB100142~01PB100143~01






お次は“巴(ともえ)の庭”

本阿弥光悦作と伝わるお庭

この庭がよく試験に出てくるんですよね
PB100151~01PB100145~01






なんで巴の庭かは画像をクリックして解説をお読みください
Fotor_154190243914387Fotor_15419024599176






PB100154~01PB100153~01








こちらは本堂

落ち葉のじゅうたんが素敵じゃないですか♪
PB100163~01PB100156~01






境内にある摩利支天(まりしてん)堂には狛犬の代わりに

イノシシがいましたね

亥は来年の干支なので注目を浴びるかも?

ライバルは護王神社の狛猪か?

“護王神社”に行ってきました♪
PB100161~01PB100162~01






本堂の前には“光悦翁手植之松”“長谷川等伯像”

多宝塔も素敵でした
PB100164~01PB100158~01






さて、本法寺周辺には“宝鏡寺”ってお寺があります

コース外ですが、京都検定ではかなり露出の高いお寺です

通称:人形寺

別名:百々御所


和宮遺愛の品を所蔵している人形のお寺です

PB100175~01PB100177~01






境内入ってすぐ右にあるのは人形塚

春と秋に“人形展”

10月に“人形供養”が行われます
PB100176~01






堀川通沿いには“表千家会館”

“茶道資料館(裏千家センター)”があります
PB100131~01PB100135~01






宝鏡寺の裏の通りはどことなく品がありますよね
PB100169~01






それもそのはず、この通りには

表千家の“不審庵(ふしんあん)”

裏千家の“今日庵(こんにちあん)”があるのです
PB100173~01PB100166~01






茶道関係の知識も京都検定では勉強範囲

【表千家】
江岑宗左(こうしんそうさ)・不審庵
【裏千家】
仙叟宗室(せんそうそうしつ)・今日庵

【武者小路千家】
一翁宗守(いちおうそうしゅ)・官休庵


最低限これだけは覚えなければ・・・(涙)