崇導神社から少し西側に歩いた場所にあるのが

∀_攣
(れんげじ)

応仁・文明の乱で荒廃したあと

加賀藩家老の今枝民部近義(いまえだみんぶちかよし)

祖父の重直(しげなお)を供養するために再興

石川丈山狩野探幽などが協力して作ったと言われる

池泉鑑賞式庭園

蓮華寺型灯籠で知られる紅葉の名所です

PC010058~01PC010086~01






PC010063~01PC010087~01






池泉回遊式庭園ではなく

池泉鑑賞式庭園なので庭へは降りれませんでした(笑)
PC010084~01PC010075~01






でも書院の中から見る庭園は

絵画を見ているみたいでとっても素敵でしたよ♪
PC010082~01PC010072~01






早くもコース32の最後のスポットとなりました

〇安霹幡宮
(みやけはちまんぐう)

小野妹子が宇佐八幡宮を勧請したのがはじまりとか
(やっぱりこの辺りは小野氏ゆかりの場所が多いね)
PC010090~01PC010100~01






子どもの“かんの虫封じ”が有名で

願い事が書かれたよだれ掛けがたくさん奉納されていました
PC010096~01PC010098~01






八幡宮といえば

神使は“鳩”

名物も“鳩餅”(笑)

これを食べるのを楽しみにしていたんですが

まだ午前中だというのに売り切れていました

めっちゃショック・・・(泣)
PC010092~01Fotor_154365761417683~01






PC010095~01PC010097~01






あと気になるポイントは・・・

境内に

“絵馬展示資料館”があります
(入ってないけど)

“市川団十郎”が寄与した井桁があります
(写真下)

PC010101~01






あと・・・

参道に馬に乗った武将の石像があります

ん〜なんかどこかで見たことがあるポーズ
(皇居前に同じような銅像がありますよね)
PC010106~01PC010109~01






これは誰かというと

“大楠公之像”
PC010108~01






そう、大楠公(だいなんこう)こと

“楠正成(くすのきまさしげ)”の像です

なんでこんなところに楠正成・・・

(そこは小野妹子やろ!)

とツッコミを入れたところで

これにてコース32を終了です

次のコースにむかうため再び“八幡前駅”から叡電に乗車

降りた駅は“一乗寺駅”

一乗寺といえば京都ではラーメン激戦区として有名なエリアです

PC010006~01PC010003~01






はじめて一乗寺エリアを歩きましたが

ラーメン屋だけじゃなく、ユニークなお店が多くて面白いな〜
PC010002~01PC010012~01






648471(むしやしない)

ってちょっと面白いネーミングのカフェがありました
PC010008~01






“むしやしない”って京都弁で“軽食”の意味です
(過去に京都検定で問われたこともありました)


このあと時間がないのでたまたま座れた

“珍遊”ってラーメン屋でランチにしたんですが

けっこう当たりでした♪

PC010001~0120181201_115906~01






周囲のお客さんのオーダーを聞いていると

「麺硬めで!」

「ネギ多めで!」

「スープ濃いめで!」


ってやたらこだわりのあるお客さんが多かったです(笑)