さて、いよいよ島旅部

冬のひとり合宿のスタートです♪

大阪からは新幹線じゃなく高速バスを利用

料金を節約ってのもあるけど

移動の時間を利用してブログを更新したかったんです!
(この時点でまだ年末年始の記事を書いていなかったので)

なんとか岡山に着くまでに

奄美・徳之島ツアーの2日分は終了(笑)
P1100003~01






このあと乗車予定のマリンライナーまであまり時間がなかったので

駅構内のステーションデパート“さんすて”に入っている

“旬すけ”ってお店でバタバタとランチタイムにしました
20190112_160109~0120190112_160121~01






ここで初めて“黄にら”なる食材の存在を知りました

やたらメニューでこの黄にらをプッシュしているので

“焼き穴子と黄にらそば(1250円)”をオーダー

はじめて食べたんですけど

食感がシャキシャキしててクセになる(笑)

ニラ臭さもほとんどなく美味しかったです♪
20190110_115734~0120190110_115741~01






このあとマリンライナーに乗って瀬戸大橋を渡ります

高知行きの特急“南風”だと琴平まで乗換なしで行けますが

訳あって、どうしてもマリンライナーに乗りたかったんです!(笑)
P1100004~01P1100005~01






坂出から予讃線(多度津からは土讃線)で琴平駅に到着
P1100006~01P1100008~01






岡山駅の改札をICカードで通過したんですが

琴平駅ってICカードが使えないんですね!!

琴平駅に限らず、四国にあるJRの駅って

香川県のごく一部の駅以外

ほとんどの駅でICカードが使えないそうです・・・
(証明書を発行してもらって、後日取り消し処理)
P1100007~01






はじめて降り立つJR琴平(ことひら)駅

まるで駅も境内の一部みたいな雰囲気ですね
P1100010~01P1100009~01






駅のそばには“高灯籠(たかとうろう)”って名所がありました

高さは約27mで木造灯籠としては日本一

かつては丸亀沖を航行する船にも灯りが届いていたそうです
P1100013~01P1100016~01






高灯籠のそばにあるお堂みたいな建物は

“ことでん”こと“高松琴平電気鉄道”の琴平駅
P1100018~01P1100021~01






琴平駅の駅前より南側の参道には

“新町商店街”って素朴なアーケードがあります

P1100032~01






この新町商店街で絶対外せないのが

平岡精肉店のコロッケ!

この日は平日だったので空いていましたが

土日などは行列になることも珍しくない人気のコロッケです

ひき肉が甘くてめちゃ美味しい♪
P1100031~01P1100030~01






さ、コロッケで腹ごしらえをしたらいざ表参道へ!

中野うどん学校とか懐かしいな〜

こんぴらさんに来るのはかなり久しぶりです
P1100034~01






こんぴらさんと言えば

参道の階段とその脇にズラッと並ぶ土産店が有名

階段の数は御本宮まで785段もあります
(奥社までは1368段

写真左下に籠が写っていますが

料金は往復6800円!
(上り5300円/下り3200円)

大門までだと510円の乗り合いシャトルバスがあるそうです
P1100035~01P1100036~02






気合いを入れて一気に登りたいところですが

仕事じゃないんだし

今回はのんびりいきましょ♪

まずは日本最古の芝居小屋を目指します

表参道の途中にある

“海の科学館”って看板の分岐点を左へ

今回は海の科学館(450円)はスルーね
P1100061~01P1100060~01






ゆるやかな坂を上っていきます
(ビミョーに参道から離れてる・・・)

こちらが天保6年(1835年)に建てられた歌舞伎小屋

“旧金毘羅大芝居(金丸座)”です
(国指定・重要文化財)
P1100043~01P1100045~01






入館料は500円

自分以外に観光客は香港人2名だけでした(笑)

入口でおっちゃんがちょこっとだけ概要を説明

あとはご自由にってスタイル♪

P1100048~01P1100050~01






館内はすべて撮影OK

役者さんの控室や奈落(舞台下の装置)もしっかり見学できます

P1100051~01P1100054~01






現在でも毎年春になると人気の歌舞伎俳優を招いて公演が行われるそうです

金丸座に行く途中には昭和7年に建てられた和風公会堂

“琴平町公会堂”があるので
(国指定・登録有形文化財)

是非こちらもチェックしてみましょう♪
P1100037~01






金丸座が思ったよりも見応えがあって

予想外に時間を使ってしまった(汗)

目指す御本宮までの道のりは

まだ始まったばかりです・・・
P1100063~01