さて、こんぴらさんとZouZuのマスターとお別れしたあとは

再びJR琴平駅からJR笠岡駅を目指します

所要時間は約2時間

岡山駅からJR山陽本線(糸崎行き)に乗るんですが

これが所要時間44分ってビミョーに長いのです・・・
P1110084~01P1110089~01






生まれて初めて降りるJR笠岡駅

想像以上に栄えてる♪
P1110093~01P1110092~01






笠岡はカブトガニの生息するまちとして知られていて

市内には“カブトガニ博物館”って施設まであるんです

P1110091~01P1110295~01






でも今回の目的はカブトガニじゃなく島旅!

まずは腹ごしらえをしてから港へ向かいます
P1110094~01






こちらが笠岡諸島旅客船ターミナル“みなとこばなし”

途中、看板とか出てないのでちょっとわかりにくいです・・・
P1110108~01P1110107~01






でも施設は想像以上に立派でびっくりした(笑)

リニューアルしてまだ2年ほどしか経っていないそうです
P1110110~01P1110113~01






利用客に対し、無駄に広い・・・

ロッカーにリュックを預けたかったんですが

リュックが入るサイズのロッカーはなかったので

中身だけ預けることにしました
(100円のリターン式)
P1110280~01P1110112~01






乗船券は券売機で購入します
P1110109~01






こちらが今回利用した三洋汽船の定期旅客船

八重山諸島でゆーたら安栄観光の高速船みたいな感じかな(笑)
P1110114~01P1110116~01






ここで笠岡諸島について触れておきましょう!

笠岡諸島は笠岡沖に浮かぶ大小31の島々の総称

そのうち笠岡の観光サイト

“またたび笠岡”で紹介されている島は7つ

ちなみに、るるぶ岡山に載っている島は3つ

まっぷる岡山には紹介されていません(笑)

離島に渡る方法は

大きくわけて3パターン

高速船・フェリー・海上タクシー

注意をしたいのは高速船とフェリーでは同じ笠岡でも港が違うという点です

さらにフェリーは3社が運行しているし

船会社によっては曜日でダイヤが違ったり

とにかく初心者には扱いづらい航路なのです(笑)

↓これが一番分かりやすいイメージ図
Screenshot_20190108-102503~01









るるぶ岡山に載っていた島の大雑把な特徴は

真鍋島(まなべしま)
笠岡から一番遠い歴史と映画の島
映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地だそうです
島内の見どころは歩いて見れるほどこじんまりした島だそうです
るるぶ岡山でも一番情報が多かった島です

北木島(きたぎしま)
笠岡諸島で一番大きな採石と石材アートの島
お笑い芸人の千鳥・大悟さんの出身地として最近注目されているそうです
(誰か知らんけど・・・)

白石島(しらいしじま)
夏はマリンスポーツで賑わう巨岩・奇岩の島
源平合戦の戦没者を弔うための“白石踊”って盆踊りが有名
あと島内の巨岩をめぐるハイキングコースがあるんだとか


さて、この3つからどの島に行こう?

当日の天気が悪ければ真鍋島か北木島に行く予定でしたが

天気が良さげで気温も高そうなので

ここは巨岩ハイキングでしょ!

ってことで白石島に行くことに決定したのでした♪

またたび笠岡(笠岡市観光連盟)
↑かなりよくできたサイトですよ