笠岡で早めの夕食をたべたあと

JR山陽本線で倉敷へ
(所要約27分)

最後に倉敷に来たのは恐らく2006年

高松から引っ越しの帰りに寄って以来じゃないかな?

仕事では来たことあるのかな〜

あったとしても20年以上昔だと思います(笑)

はじめて降り立つJR倉敷駅

ここから美観地区がどっちの方向にあるかもわからん!!
P1110308~01






駅前の地図を参照になんとか美観地区にやってきました
(ゆーても駅前の倉敷中央通りを直進して左へ曲がっただけ)

ここがいわゆる倉敷の“美観地区”ってエリアですね
P1110313~01P1110329~01






平日の夜なので人も少なくシーンとしています

なんだか影から侍とか現れそうな雰囲気(笑)
P1110340~01P1110348~01






P1110344~01P1110346~01






美観地区の中には夜でも営業している飲食店や旅館などもあるみたいです

おや、なんだかいい感じの町家に灯りがついていますね

こんなところに泊まれたらいいですよね〜♪


お客さん、それが泊まれるんです!!
P1110314~01






前置きが長くなりましたが

こちらが今回2泊目に利用したゲストハウス

有鄰菴
(ゆうりんあん)



えんをひろげる古民家

をコンセプトに

昼はカフェ、夜はゲストハウスとして営業しています

母屋は築100年以上

蔵は150年ほどの歴史があるそうです

チェックインは18時30分

18:30〜って感じではなく

18:30集合!!といった感じ

なぜかというと

18時30分から一斉に施設の説明

そして、ゲストハウスのスタッフ紹介と

その日に泊まるゲストの自己紹介タイムが始まるから!

ホワイトボードにはどこの部屋に誰が入っているのかも記入されていました

これまで何度かゲストハウスに泊まってきましたが

こんなシステム初めてです!!(笑)

※もちろん18時30分に間に合わなくてもOK

49~01Fotor_154728773578479~01






これは画期的だな〜

自己紹介があるので会話のきっかけも作りやすいし

名前を忘れてしまっても、ホワイトボードを見れば思い出せます

ゲストハウスを利用したことがない人からすれば

そんなの個人情報やん!って思うかもしれませんが

そもそもそんなことを気にする人は

ゲストハウスじゃなくビジネスホテルに泊まるべきだと思います(笑)


今回使用したのは1階の和室

他にベッドのお部屋もあるそうです

P1110318~01P1110327~01






1階の大きなテーブルは共有スペース
P1110319~01P1110321~01






奥には共有のキッチンやトイレ、バスルームがありました

こちらのバスルーム

ゲストハウスには珍しいバスタブ付き!

まさに田舎のおばあちゃん家に泊まりに来た感覚です(笑)

P1110324~01P1110325~01






昨日の琴平はひとりぼっちでしたが

この日はさすがに連休前日だけあって賑やかでしたね

夜中1時過ぎまでしゃべり込んでしまいました・・・
1305~01






そろそろ寝床に・・・と布団に入ろうとしたら

枕元に湯たんぽが

泣けるサービスです(泣)
20190111_203310~01






そして翌朝・・・・・・・・・・・

同室のぜんちゃんは起きたら消えていました
(昨晩は遅くまで騒がしくてゴメンナサイ)


さて、有鄰菴には素泊まりプランと朝食付きのプランがありまして

朝食付きは自分と東京から来た超・爽やかカップル

さっさ&あまかなの3人だけでした

お邪魔してすんません・・・
38






朝食はこちらのたまごかけご飯
20190112_082743~01






もちろんただのたまごかけごはんちゃいますよ

すべての食材が岡山産というこだわりのたまごかけごはんなんです
(カフェメニューとしても提供)

特に創業150年の地元のお醤油屋さんとコラボした

有鄰庵オリジナルの黄ニラしょうゆかけ放題!

ってのがポイント
(この醤油、けっこうお値段が高いので)

今回の旅は黄ニラに縁があるな〜
20190112_082047~0120190112_082141~01






1人ごはん2杯、たまご2個ということで

1杯目は普通に食べて
20190112_082935~01






2杯目は先に白身とご飯を混ぜてから頂く

上級者向けの食べ方で頂きました(笑)
20190112_084344~01






最初、お味噌汁とたまごかけごはんだけで物足りないかな?

って思いましたが

想像以上に満足感がありましたよ♪

どうしてもおかずが欲しい人は近くのコンビニで購入しておくのもいいですね

55







今回、泊まっていたメンバーの中には

昨年の西日本豪雨のボランティアとして来ていた方がたくさんいたのが印象的でしたね

たまたま同室になったボランティアの方と意気投合して

翌日の予定をボランティア活動に変更したしょうたんさんの行動力には脱帽

いつも予定は未定にしているそうです(笑)

さっさ&あまかなは、あのあと直島や四国をどんな風に旅したのかな〜

道後温泉ではシナモンハウスに泊まったのかな?

やまぐちさんは結局湯村温泉に行ったんでしょうか?

(キャーリーは一体何者だったんだろ?)

次にどこかでお会いした際は

旅の続きを聞かせてくださいね

ゲストハウスってほんと色んな人が集まるので面白いです(笑)


皆さんも倉敷にお越しの際はぜひ

カフェってよし、泊まってよしの古民家

有鄰菴にお立ち寄りください

有鄰菴(公式サイト)