有鄰庵で朝食をたべたあとは美観地区を散策!

自慢じゃないですけど

美観地区の知識なんてほぼゼロ!!

どこをどう歩いていいのか分からないですけどー!!


はい、そんな観光客のために

ボランティア観光ガイド定期便

ってイベントがあると聞いて、さっそく参加してみました

このボランティア観光ガイド定期便

参加費無料で予約不要

出発時間に集合場所に行けばOK

なんとも行き当たりばったりの旅行者向きじゃないですか!(笑)

■集合場所 倉敷物語館
■出発時間 9:30〜/13:30〜

20190113_223436~01P1120011~01






今回ガイドを担当してくれたのは

倉敷生まれで倉敷育ちのチヨコさん

参加者は自分だけだったので二人っきり

ちょっとしたデートですね(笑)
01~01






それではチヨコさんの説明を聞きながら

美観地区を歩いてみましょう!

まずは“倉敷国際ホテル”

倉敷中央通り沿いに建つ老舗ホテルです

ロビーには棟方志功の巨大な作品が飾られていました

本来は横1枚の作品ですが

入りきれないので上下2枚に分かれているそうです
P1120012~01P1120014~01






ホテル前にはチヨコさんオススメの激安スイーツショップがありました

消費税が上がっても税込み100円で頑張っているそうです

ホテルの斜め前には観光バスの駐車場

ツアーで来たらここに止めるんだろーな
P1120013~01P1120018~01






倉敷で一番有名な観光スポットといえばこちら

“大原美術館”
(入館料:3館共通で1300円)

倉敷の実業家“大原孫三郎”が設立した美術館

本館の壁に不自然な枠があります(写真右下)

ここには当初、大きな窓ガラスがあったそうですが

泥棒に侵入されて美術品が盗難にあったことがあり

それから窓ガラスを埋めてしまったそうです
P1120022~01P1120020~01






倉敷川に沿いは美観地区散策のメインストリート

映画やドラマのロケでもよく使われる情緒ある町並みです
(「るろうに剣心」や「天皇の料理番」など)
P1120025~01P1120034~01






美観地区の一番北側にある今橋の付近には


旧大原家住宅の

“語らい座 大原本邸”
(入館料:500円)

その向かいにある緑色の瓦が目を引く建物は

大原孫三郎が家族のために建てた別邸

“有鄰荘”
(入館は春秋のみ)
P1120027~01P1120028~01






今橋の1つ南側に架かる橋は“中橋”

その中橋のそばに建つのは

“倉敷考古館”
(入館料:500円)
P1120039~01






考古館の壁や中橋は美観地区の中でも写真映えするとして人気スポットだそうです

P1120035~01P1120040~01






現在のJR西日本のポスターにも使われていますね

IMG_20190214_150509-1024x768







考古館の対岸には“倉敷館”って美観地区のシンボル的な建物があるんですが

現在工事中・・・

倉敷館の横にあるのは

“倉敷民藝館”
(入館料:700円)
P1120038~01P1120045~01






倉敷川では“川舟”って遊覧船が運行していました

料金は500円で所要20分なのでお手軽ですよね
P1120031~01






お手軽ゆえに人気なので

利用する際は早めに予約をしておきましょう
P1120059~01P1120058~01






倉敷といえばジーンズも有名ですよね

美観地区にもデニムまんやデニムソフト、デニムバーガーなど

インスタ映えしそうなフードなどもありました(笑)
P1120051~01P1120049~01






あ、星野仙一記念館ってのもありましたね

星野さんは倉敷市出身だそうです
(入館料:500円)
P1120050~01






あと倉敷といえばここも外せませんよね

“倉敷アイビースクエア”

明治22年建設の“倉敷紡績(現:クラボウ)”の本社工場跡地を利用した総合文化施設

ホテルをメインにショップや資料館などが入っています

P1120060~01P1120062~01






壁一面に生い茂るアイビー(蔦)は冬なので枯れていましたが

青々としている季節や紅葉の時期は見事だそうです
P1120064~01P1120065~01






中央にある広場ではかすかに音楽が流れているんですが

上を見上げてもどこにもスピーカーは見当たりません

実はこれ、スピーカーは足元にあるんですよね(笑)

こりゃガイドさんと一緒じゃないと気づかんわ
P1120066~01P1120067~01






P1120069~01P1120070~01






アイビースクエアの近くにはこんな珍スポットも

屋根の上に90匹以上並べられたビクターの犬・・・(笑)

こちらはアンティークショップだそうです
P1120071~01P1120075~01






他にも“蟲文庫”ってユニークな古本屋があったり

P1120087~01P1120088~01






全国の美味しいものを集めた“平翠軒(へいすいけん)”

P1120092~01P1120098~01






この“ギャラリーサイジ”ってお店は面白かったな〜

本物の草花を使ったアクセサリーを販売しているお店です

↓ぜひクリックして見てみて!
倉敷苑工房(公式サイト)
P1120102~01






あとキャンディキャンディの作者

“いがらしゆみこ美術館”

“桃太郎のからくり博物館”などなど

P1120142~01P1120143~01






ユニークなスポットがたくさん!!

こりゃ1日でまわりきれんわ

名残惜しいですがチヨコさんのガイドもこのあたりで終了です

本来は1時間半のコースでしたが

終わってみれば2時間半もデートしていました(笑)

延長料金も払っていないのに申し訳ない・・・

2時間半前はほぼ知識ゼロだった美観地区ですが

チヨコさんのおかげでかなりイメージがつかめました!

みなさんも倉敷を歩く方は是非

この無料ガイドを活用してみてくださいね
(旅行会社からの手配する場合は有料)

倉敷地区ウエルカム観光ガイド連絡会(公式サイト)
電話:086-436-7734