さて、チヨコさんによる観光ガイドのあとはランチタイム!

11時に終わる予定が

もう、12時まわってるし(笑)

さっそく向かったのは美観地区からJR倉敷駅へ続く

“えびす通り商店街って”アーケード街

ここに行きたいお店があるんです!
P1120112~01






すれ違う人が手にもってる“えびす饅頭”が気になりますが

お昼前なので我慢我慢・・・
P1120119~01






ここがお目当てのお店“かっぱ”

昨日、ゲストハウスで話題に上がっていた人気のとんかつ屋です

連休初日だけあって、めっちゃ並んでる!!

お店に入るまで50分かかりました・・・(涙)
P1120117~0120190112_125856~01






オーダーしたのは1番人気の

“名代(なだい)とんてい(1600円)”

岡山ってデミグラスソースのトンカツ

通称“デミカツ”がメジャーなんだそうです

20190112_131855~0120190112_131841~01






並んだだけあって美味しかったけど

けっこうなボリュームでちょっと胸やけしたわ・・・

個人的にはずいぶん前に食べたみそカツの老舗

“梅の木”ってお店の方が口に合ったかも

記憶が曖昧なのでブログで検索してみたら

ちゃんと記事も書いていたようです

さすがオレ♪(笑)

倉敷の名店“みそかつの梅の木”
(2006年12月15日)


ちょっとお腹が重たいので

食後に再度、美観地区を歩いてみました

まずは昨日から気になっていた“阿智(あち)神社”

美観地区を見下ろす鶴形山(つるがたやま)の山頂にある神社です

御祭神は“宗像三女神”
P1120120~01P1120137~01






境内には“磐座(いわくら)” “磐境(いわさか)”など

古代の祭祀場や古代庭園の遺構が残っていたり

珍しく“オモイカネ”が祀られているお社があったりと

神社好きだとけっこう楽しめます(笑)

阿智神社の“阿智”はかつてこのあたりに住み着いた

阿智氏って渡来系の氏族からからきているそうです
P1120129~01P1120122~01






境内から見下ろす美観地区の町並みも綺麗でした♪
P1120140~01P1120139~01







気になるとえば

これも気になるんだよな〜

倉敷銘菓“むらすゞめ”の手づくり体験コーナー
P1120152~01P1120153~01






でも40過ぎのおっさんが一人でむらすゞめ作りって

あまりにもキモいので止めておきました(笑)

なので店内で出来立てのむらすゞめを単品で購入♪

実はむらすゞめってはじめて食べました

Fotor_154728690424956~01Fotor_154728692102895~01






むらすゞめは色んなお菓子メーカーから販売されていますが

元祖はこちらの“橘香堂(きっこうどう)”

元祖とそれ以外の見分け方は、商品名をよく見ればわかります

橘香堂は“むらすめ”

それ以外は“むらすめ”なんですって

これは気がつかんかったわ!!(笑)


あと倉敷で有名なものと言えば

mt

美観地区にはmtを扱うお店がたくさん

mt専門店なんてお店もありました
P1120144~01P1120145~01






私も最近はバスの座席表を張るのに

mtをよく使わせてもらっています

え、mtってなんじゃいって?

mt=マスキングテープのことです

実はマスキングテープは倉敷が発祥地なんですよ
(ってことを今回はじめて知りました)
20190112_082424~01







最後は“林源十郎商店”に行ってみました

雑貨やカフェが入るオシャレな3階建ての商業施設です
(実はお昼前にもチヨコさんと来ていました)

P1120163~01~01P1120162~01~01






ここでチヨコさんが買っていた“ローマン”こと

“労研(ろうけん)饅頭”が気になってしゃーなかったんです

1920年代に倉敷紡績で働く女性従業員の栄養を考えて考案された食べ物だそうです

食後でお腹がいっぱいだけど

別腹ということで食べてみました

ローマンはと餡入りと餡なしの2種類あって

ドリンクセットで500円でした
(饅頭単品の販売はなし)

饅頭は蒸しとトーストから選べます

今回は餡なしをトーストで頂きました

めっちゃ素朴な味ですが美味しかったです♪

20190112_150729~01~0120190112_150902~01~01






カフェの奥にはテラスもありました

なんだか台湾の林百貨店を思い出すな〜

こだわり台湾2日目・前半♪
(2016年1月30日)

P1120160~01~01P1120161~01~01






さて、再び本町通りに戻ってきましたよ

有鄰菴もカフェ利用の観光客でごった返していました

昨晩とは雰囲気が全然違っていたのでビックリです
P1120166~01P1120101~01






預けていた荷物をピックアップして

いよいよ美観地区ともお別れです

お忙しい中、有鄰菴のコンシェルジュ的存在

ふじこさんがお見送りをしてくれました

ほんとふじこさんには昨晩から色々と貴重なお話しを聞かせて頂いて感謝です
(観光ガイドを紹介してくれたのもふじこさん)

まったく土地勘も知り合いもいなかった倉敷ですが

こうやって見送ってくれる人がいると

すごく親しみを感じますよね
59~01







今回の島旅部・冬のひとり合宿も

ほぼ行き当たりばったりでしたが

気になるモノがあったらそれを食べてみて

気になる景色があったらそれを見に出かけ

ゲストハウスで旅人の輪を広げ

風の向くままというか

欲望のままというか

なんとも贅沢な3日間でした



あ、そうそう

お昼に入ったかっぱのトイレで

こんなカレンダーが目に入りました

21~01






自分の魂が喜ぶことをしよう


まさにこんな3日間でした♪


やっぱり休日だって仕事だって

自分の魂が喜ぶことをしたいですよね(笑)